マンガ・アニメ・映画・小説感想

ネタバレ感想|今更だけど「風立ちぬ」って、「菜穂子=ゼロ戦」みたいな構造の気がする

投稿日:2016年4月11日 更新日:

「風立ちぬ」を三回くらい観てみて、やっと気づいたことがあるので、そのことをメモしておきます。

この映画、「ゼロ戦を作る話」と「菜穂子との恋愛の話」の二重構造だと思っていたんですが、そうではなく、「ゼロ戦を作る話」1本な気がしてきたんです。

いわば「菜穂子=ゼロ戦」みたいな話になっている。

「今更そこ?」とか言われそうですし、異論もあるかもしれませんけども…一応まとめてみます。

風立ちぬ [DVD]

二郎のやっていることはただひとつ

最初観た時は、二郎は飛行機を作りながら恋愛もして、なんか飛行機一本に生きた男じゃないな…と思っていたんですが、この映画はそういうことじゃないですね。

二郎のしていることはただ一つです。すなわち「美しいものを追求すること」ですよね。

美しいものとは「美しい飛行機:ゼロ戦」なんですが、その話を別の角度から盛り上げるために、「美しい女性:菜穂子」を求める話がくっついているわけです。

菜穂子のことを「好きだよ」と言わず、ただ「きれいだよ」しか言わないというのも、こういう理由からですね。

カプローニとカストルプがダブる

「美しい飛行機への夢」の仲介者となっている存在が「カプローニさん」ですね。

同じように、「美しい女性への夢」の仲介者となる人物も、なんとなくビジュアルが似ている「カストルプ氏」です。

つまり、以下のような構造です

  • 二郎――仲介者:カプローニ――ゼロ戦
  • 二郎――仲介者:カストルプ――菜穂子

ゼロ戦=菜穂子を匂わせますよね。イコールと言っても「ある意味」ですけどね。

「生きて」と言っているのは、ゼロ戦たちでもある

ラストで、ゼロ戦について「一機も戻ってこなかった」というシーンがあります。

飛んでいき、帰ってこないゼロ戦たち

映画「風立ちぬ」より―飛んでいき、帰ってこないゼロ戦たち1

映画「風立ちぬ」より―飛んでいき、帰ってこないゼロ戦たち2

映画「風立ちぬ」より―飛んでいき、帰ってこないゼロ戦たち2

このシーンの直後に、死んだ菜穂子が「生きて」と言いながら消えていくシーンがあります。

「生きて」と言って消えていく菜穂子1

映画「風立ちぬ」より―「生きて」と言って消えていく菜穂子1

「生きて」と言って消えていく菜穂子2

映画「風立ちぬ」より―「生きて」と言って消えていく菜穂子2

もちろん菜穂子が言っているんですけども、この流れだと、一機も戻ってこなかったゼロ戦たちにも、「生きて」と言われている気がします。

青い空に消えていく真っ白なゼロ戦たちと、消えていく真っ白な傘も、何かリンクしている感じがする…。

そうやって観ると、結構感動が深まるのは私だけでしょうか…。

この映画は深すぎるので、今回気づいたのは表面的構造

とにかく宮崎駿は頭が良すぎるので、「ゼロ戦と菜穂子がリンクしている」なんて、彼からしたら「誰でもわかるでしょ?」みたいなレベルだと思います。いわば映画の外見レベル。

外見を踏まえた上で、さらに深いストーリー構造を作り込んできていると思うので、この映画、まだまだちゃんと理解できていない気がします。

宮崎駿が大人向け映画を作ると、どえらいものが出来てくるんですねー…

今回紹介した作品

風立ちぬ [DVD]

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-マンガ・アニメ・映画・小説感想

Copyright© STOTUKU , 2017 AllRights Reserved.