情報まとめ

イラスト外注方法まとめ|主な方法は4つ!格安の方法からクオリティ重視の本格的な方法まで

投稿日:

イラスト制作を外注する方法は沢山ありますね。

どの方法を選ぶかによって、価格やクオリティがかなり違ってきます。

この記事では、ネットでイラストを外注する主な方法を4つに分類して、まとめて比較しています。

方法1:格安!スキル系フリマアプリ

最近話題のアプリ「ココナラ」では、誰でも自分の得意なことを有料サービスとして提供できます。

イラスト系も充実していて、500円からイラストを外注できます。

おそらく、イラスト外注の方法としては最安かなと思います。

coconala(ココナラ)

coconala(ココナラ)

 

方法2:クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトを使えば、簡単にイラスト制作の仕事を募集することができます。

運営がお金のやり取りを仲介してくれるので安心です。

採用した特定の相手と相談しながらイラストを作ってもらう「プロジェクト形式」と、

寄せられた沢山の作品から、ベストのものを選ぶ「コンペ形式」があります。

ここに登録している人のプロフィールや実績も見ることができるので、自分で気に入ったイラストレーターにアプローチすることもできます。

主なクラウドソーシングサイトは以下の2つです。

Lancers(ランサーズ)

Lancers(ランサーズ)

 

Crowd Works(クラウド・ワークス)

Crowd Works(クラウド・ワークス)

 

方法3:イラスト外注サイト(汎用)

イラスト外注を請け負う専門企業が運営するサイトは、それこそ企業の数だけあって、ここに書ききれないほどの数があります。

ゲーム系のサイトが多いですが、以下のサイトは、ゲーム以外にも広告や挿絵、Web用など様々なイラストに対応しています。

AQUA(アクア)

AQUA

 

Skillots(スキロッツ)

Skillots(スキロッツ)

 

Maestro(マエストロ)

Maestro(マエストロ)

 

方法3:イラスト外注サイト(ゲーム系)

ゲーム系のイラスト外注サイトはかなり沢山あります。主なサイトを以下に挙げますが、同じようなサイトが無数に存在しています。

価格もほぼ同じというか、見積りしてみないとわかりません。なんとなく安そうな順に並べてみました。

  1. EAGLE GRAPHICS(イーグル・グラフィックス)
  2. FLASH EDGE(フラッシュ・エッジ)
  3. G-angle(ジーアングル)
  4. PANDA GRAPHICS(パンダ・グラフィックス)

 

方法4:クリエーターを検索できるサイト

クリエイターが自由に自分の作品を載せたり、プロフィールを公開できるサイトがいくつかあります。

そういうサイトで、イメージにあうクリエーターを検索して、自分でアプローチするという方法です。

クリエーターに問い合わせるフォームがあるので、そこから商談できます。他の方法と違って、運営が取引を仲介してくれる仕組みはありません。

主なサイトは以下の通りです。

Pixiv(ピクシブ)

Pixiv(ピクシブ)

 

イラストレーションファイルWeb

イラストレーションファイルWeb

 

クリエイターズバンク

クリエイターズバンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-情報まとめ

Copyright© STOTUKU , 2017 AllRights Reserved.