動画配信サービス

テレビでネット動画を観る3つの方法―動画配信サービスを大画面で!

アニメや映画、ドラマなどを配信する動画配信サービスや、ニコニコ動画、YouTube などのネット動画がいろいろありますが、それをテレビ画面で観るにはどうしたらいいのでしょうか?大きくわけて3つの方法があるので紹介します。

どんなテレビでもネット動画が観られる?

テレビでネット動画を観るには、結局「テレビをネットにつなげばいい」ということですね。

「ウチのテレビは古いから、ネットにつながらないんじゃ…」という心配はいりません。ブラウン管テレビとかじゃなければ、ほぼOKです。

HDMI 端子があればOK!

「HDMI 端子」が付いているテレビなら、この記事で説明する方法のうち2つが使えます。今ではほとんどのテレビに付いていますね。HDMI 端子とは以下のような形の差込口です。

画面右下にHDMI端子の差込口。テレビの裏

テレビの背面:画面右下にHDMI端子の差込口

このように、だいたいのテレビの背面に「HDMI 入力」と書かれた差込口があるはずですから、確認してみてください。

テレビでネット動画を観る方法3つ

では本題の、「テレビでネット動画を観る方法」を3つ紹介します。

スマホ等と接続する

1つ目は「スマホ」「タブレット」「パソコン」などの画面をそのままテレビ画面に映し出すという方法です。

スマホやタブレットなどで観ていたネット動画の画面を、そのままテレビ画面に映すわけです。この方法を「画面ミラーリング」と言います。

画面ミラーリングは有線でも無線でもできますが、ここで紹介する方法はケーブルをつないで「有線」でつなぐ方法です。無線の場合については「方法2」を参照してください。

PCとつなぐ方法

パソコンとテレビをつなぐ場合は「HDMI ケーブル」があればOKです。

ほとんどのパソコンには「HDMI 出力」の端子がありますので、そこに HDMI ケーブルを差し込み、ケーブルの反対側をテレビの「HDMI 入力」に差し込みます。

「HDMI ケーブル」は以下のような線です。

価格:500~1,000円程度

Amazon で検索する 楽天市場で検索する

HDMI ケーブルは各社が販売していて、価格もさまざまです。設置場所を考えて、長さが十分足りるようにする必要がありますね。

薄型のノートパソコンなどで、HDMI端子がない場合は「USB Type-C」という端子で接続できる場合が多いです。USB Type-C は最近の Android スマホにもよく使われているので、詳しい方法は Android とテレビをつなぐ方法を参照してください。

iPad/iPhone とつなぐ方法

テレビとiPad/iPhone をつなぐ場合も、テレビ側の「HDMI 入力」端子に HDMI ケーブルを差し込むのは同じですが、iPad/iPhone 側には HDMI ケーブルが差せません。

そこで、iPad/iPhone と HDMI ケーブルをつなぐための「専用のアダプタ」も必要になります。以下のようなアダプタです。

価格:約6,000円

Amazon で検索する 楽天市場で検索する

パソコンと接続するために使った HDMI ケーブルの先に、このアダプタを取り付けることで、iPhone/iPadとテレビ接続できます。

純正でなければもっと安い製品がありますが、うまく映らないことが多いようです。純正を選ぶのが無難ですね。

Android とつなぐ方法

テレビと Android スマホをつなぐ場合も、テレビ側の「HDMI 入力」端子に HDMI ケーブルを差し込むのは同じですが、Android 側にアダプタが必要です。

Android は差込口の種類がいくつかあるため、自分のスマホの差込口がどのタイプかをよく確認して、間違えないようにする必要があります。

またすべての Android スマホがテレビと有線接続できるわけではないので注意してください。「HML 接続」に対応していない Android は、有線で接続してミラーリングすることはできません。

その場合は2番目の方法を使って、無線でミラーリングするしかないですね。

USB Type-C の場合

価格:約2,000円

Amazon で検索する 楽天市場で検索する

microUSB の場合

価格:約1,500円

Amazon で検索する 楽天市場で検索する

「USB Type-C」とは、上下反対にしても差せるタイプです。最近のスマホはこのタイプが多いですね。

一方の「Micro USB」は台形で、上下逆にすると差さらないタイプです。古いスマホに多いですね。

アダプタはいろいろな会社が販売していますが、いずれも「HDMI」のメス端子と、スマホに適したオス端子のアダプタを選びましょう。スマホやテレビとの相性もあるようなので、レビューなどをよく確認して選んでください。

メディア・ストリーミング端末を使う

「メディア・ストリーミング端末」があれば、面倒なケーブル接続をしなくてもスマホやPCの画面ミラーリングができます。

そもそもミラーリングをしなくても、メディア・ストリーミング端末をテレビに差し込むだけでネット動画が観られます。

「2トップ」ともいえる主なメディア・ストリーミング端末を2つ紹介しますので参考にしてください。ネット動画を観るだけならこの2つのどちらかで十分でしょう。

メディア・ストリーミング端末について詳しくは、以下の記事でも解説しています。

メディア・ストリーミング端末とは?大きく分けて2種類!機種も紹介

この記事では「ファイヤー・スティック」や「クロームキャスト」などのメディア・ストリーミング端末って何?という基本的なとこ ...

続きを見る

Amazon Fire TV Stick

通常タイプ

4,980円(税込)

Amazonへ

4K対応タイプ

6,980円(税込)

Amazonへ

テレビのHDMI端子に差し込むだけの、スティック型メディア・ストリーミング端末として、有名なのが Amazon の Fire TV Stick(ファイヤー TV スティック)ですね。

Wi-Fiを使って無線でネットに接続し、テレビに動画を映し出してくれます。

別売りの「イーサネットアダプタ」を買えば、有線LANでのネット接続もできますから、Wi-Fiではネットの安定性に不安があるという場合にも対応できます。

専用のリモコンで操作しますので、普通にテレビを観る感覚でネット動画が観られちゃいますね。

「4K」画質に対応しているかどうかで2種類ありますが、画質に凝るなら「4K」がおすすめです。でもテレビが 4K 対応じゃないと意味がないので注意してください。

Amazon の製品なので、基本的に Amazon で買ったほうが安いですし、安心ですね。

Google Chromecast

通常タイプ

価格:約5,000円

楽天市場で検索する

Ultra

価格:約1万円

楽天市場で検索する

Google の Chromecast(クロームキャスト)は、Fire TV Stick のライバル商品です。ほぼ同じ機能で、価格も似ていますね。

4K画質に対応している「Ultra」と、対応していない通常タイプで2種類のラインナップがあるのも一緒です。

違いは、リモコンが無く、スマホをリモコン代わりに使う必要があることです。Android だけでなく iPhone/iPad でもリモコンになります。

ミラーリングについても Android だけでなく iPhone/iPad、パソコンなどの画面を、無線ミラーリング可能です。

ちなみに、ライバルの排除ということなのか Amazon では販売していないようですね。

スマートテレビに買い替える

3つめは、テレビそのものを、ネット動画対応の「スマートテレビ」に買い替えるというものです。これなら余計な機器やケーブルを追加する必要がないのでシンプルですね。

スマートテレビとは、大きなスマホみたいなもので、ブラウザでネットサーフィンしたり、アプリをインストールしたりできるテレビです。画面ミラーリングができるスマートテレビもあります。

スマートテレビは、それこそスマホと同じで、さまざまな会社が開発・販売しています。ネット動画を観るなら以下に紹介する「Android TV」がおすすめです。

Android TV

SONYのAndroid TV

Amazon で「Android TV」と検索する 楽天市場で「Android TV」と検索する

Android TV は OS が「Android」なので、対応アプリが豊富です。動画配信サービスのアプリや、YouTube などの無料ネット動画アプリに対応しています。

Android TV を販売している大手は現状で「SHARP」と「SONY」の2社ですね。他のメーカーのスマートテレビは、Android ではなく独自のOSなどを搭載しているものが多いです。

ネット動画が観やすいかどうか、ミラーリングがスムーズかどうかなど、使用感は製品によって異なります。レビューなどをよく確認して選びましょう。

どのネット動画サービスがおすすめ?

テレビでネット動画を観る環境が整ったら、動画配信サービスのアプリをインストールし、会員登録するだけで、視聴開始できます。

無料のネット動画アプリといえば、以下のものが主流ですね。

  • YouTube
  • ニコニコ動画
  • Abema TV(アベマTV)
  • TVer(ティーバー)

無料の動画アプリでは観られる作品に限界がありますので、観たいネット動画を自由に観るには、やはり有料サービスが便利です。

有料の動画配信サービスでも、最初の1カ月間ほどは無料になるものが多いので、はしごすれば長い期間にわたって無料で視聴できますね。主な有料動画配信サービスは、以下の8社です。

  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • TSUTAYA TV
  • Netflix(ネットフリックス)
  • Hulu(フール―)
  • Amazonプライム・ビデオ
  • dTV
  • Parabi(パラビ)
  • ビデオパス

どのサービスがおすすめかというのは、以下の記事でまとめていますので参考にしてみてください。

【2019】動画配信サービス8社を徹底比較!見放題の作品数ランキング

この記事では、動画配信サービス(VOD)をどのように比較すればいいのか?という点と、見放題の作品数で比較したランキングを ...

続きを見る

アニメ専用の動画配信サービスもあるので、アニメをメインに観るなら活用しましょう。以下の記事でまとめています。

アニメを観る子ども
【2019】アニメ見放題の数で比較!動画配信サービス10社ランキング

動画配信サービス(VOD)はいろいろありますが、アニメ好きが契約するならどこがいいでしょうのか?アニメ作品の数では、どの ...

続きを見る

例えば「Fire TV は Amazon の製品だから Amazonプライム・ビデオを使わないといけない」というわけではありません。好きな動画アプリを自由に選べます。観たい作品があるかどうかもチェックしながら、自分に合ったネット動画サービスを使いましょう。

-動画配信サービス

Copyright© STOTUKU , 2019 All Rights Reserved.