情報まとめ

ラインスタンプ外注方法は主に3つ!あなたにピッタリの方法はどれ?価格順比較まとめ

投稿日:

ラインスタンプを作って販売したい!でも絵が描けない!…アイデアはあるのに!

あるいは、自分で描く手間をかけずに、ラインスタンプで儲けたい!

そんな場合は外注を考えると思います。

この記事では、ラインスタンプを外注する主な3つの方法を、価格順にまとめて比較しています。

外注方法1:ココナラ

ココナラ

相場:500円~40,000円

「ココナラ」とは、誰でも自分の得意なことを、有料サービスとして提供できるサイト・アプリですね。

ここに、ラインスタンプを作ってくれるサービスが沢山出品されています。

価格は500円~40,000円とピンキリです。

格安でやってくれる気に入った絵柄のクリエーターが見つかれば、ここで外注するのが一番お得だと思います。

外注方法2:クラウドソーシング

相場:30,000円~70,000円

クラウドソーシングとは、ネットを通じて仕事を募集することですね。特にネットで納品できる仕事に関して使われています。

業者に外注する場合と比べて、クラウドソーシングで外注するメリットは以下の通りです。

メリット1:予算を自分で設定できる

専門業者だと、ほぼ決められた価格でしか受注してくれません。安い業者を見つけ出すのは大変です。

クラウドソーシングなら、自分で予算を決め。「この予算でやってくれる人いませんかー?」という感じで募集できます。

メリット2:自由度が高い

クラウドソーシングなら、沢山のクリエーターの中から、自分の好みの人を選ぶことができます。

「コンペ形式」を利用すれば、応募された複数のアイデアの中から、ベストのものを選ぶことも可能です。

専門業者に頼むよりも、こちらが選ぶ自由度が高いというわけです。

使い方1:プロジェクト形式

ある程度、スタンプのイメージが固まっている場合は、「プロジェクト形式」で募集するのがいいでしょう。

応募してきたクリエーターの中から、気に入ったクリエーターにお願いする形です。

この形式のほうが、費用が安くすむ場合が多いようです。

使い方2:コンペ形式

どんなスタンプを作ってほしいか細かく説明できない場合など、イメージがぼんやりしてる場合は「コンペ形式」がいいでしょう。

企業のPRスタンプなど、自社内で相談してから決定する必要がある場合も、この形式が適しています。

ラインスタンプの場合、大量のイラストが必要なので、まず例として3個のスタンプを作って応募してもらうのが普通です。

応募された沢山のスタンプ例の中から、気に入ったものを選び、それを完成まで作ってもらうわけです。

主なクラウドソーシングサイト

ランサーズ

 

クラウドワークス

 

外注方法3:ラインスタンプ制作会社

相場100,000~200,000円

サポートが充実している業者もある

コスパ的にはクラウドソーシングが最も優れていますが、デメリットを上げるとすれば、ラインスタンプの登録・審査の手続きまでは関与してくれないことです。

業者によっては、スタンプの登録手続きまで手厚くサポートしてくれるところもあります。

ラインスタンプ販売が初めてで、登録・審査の手続きがどうしても不安な場合は、サポートが充実した業者に頼むというのもありだと思います。

サポートが充実している業者

スタンプファクトリー

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-情報まとめ

Copyright© STOTUKU , 2017 AllRights Reserved.