動画配信サービス

2019動画配信サービス(VOD)8社を比較!見放題のアニメ作品数ランキング

更新日:

アニメを観る子ども

動画配信サービス(VOD)は色々ありますが、アニメ好きが契約するならどこがいいでしょうのか?アニメ作品の数では、どのサービスが一番多いのでしょうか?この記事では、「見放題」のアニメ作品の数で比較してみました。2019年9月の調査結果です。

動画配信サービス(VOD)とは

動画配信サービス(VOD)とはどんなサービスなのか、まずは基本情報として、サービス内容と課金形式、視聴方法についてまとめました。

ネット上でアニメなどの動画を配信

動画配信サービスとはインターネット上で映画やドラマ、アニメなどの動画を配信しているサービスです。

ダウンロードせずに再生する「ストリーミング」や、パソコンやスマホの中に動画のデータをダウンロードする形で、動画を配信します。

もちろん違法に配信しているわけではありません。インターネット時代の、レンタルビデオショップのようなものですね。バラエティやドキュメンタリーなどのTV番組の配信もありますから、ネットのテレビという見方もできますね。

「見放題」と「都度課金」

動画配信サービスは、大きく分けて2つの形式があります。

一つは「見放題」形式。月額料金を払って、契約中はいくらでも動画を見放題というサービス。

もう一つは「都度課金」形式。「PPV(ペイパービュー)」ともいいます。レンタルビデオのように、見たい作品ごとにお金を払って、一定期間視聴できるサービスです。

見放題だけのサービスと、見放題と都度課金を併用しているサービスがあります。ですから一口に「○○万作品以上!」と言っても、すべて見放題とは限りません。サービスによっては、ほとんど都度課金ということもあります。

月額料金でどのくらいの作品数を観られるのか?ということを比較するには、「見放題」の作品数を調べる必要があるわけです。

動画を観る方法

動画配信サービスを利用して、動画を観るにはどうすればいいのでしょうか?

スマホやタブレットで観るには、専用アプリをダウンロードすればOKです。PCならアプリをダウンロードしなくても観られます。ブラウザーでサイトにアクセスするだけです。

TV画面で観たい場合は、いくつかの方法があります。詳しくは、以下の記事にまとめていますので参考にしてください。

テレビでネット動画を観る3つの方法―今まで使っていたテレビで、簡単にネット動画が観られる!

テレビ画面でネット動画を見るにはどうしたらいいのか? 言い換えると、どうやってネットに繋がらないテレビで、ネットを閲覧で ...

続きを見る

VODはアニメを観るのに便利なの?

動画配信サービスは、果たしてアニメを観るのに便利なのでしょうか?

地方で放送しないアニメも観られる

動画配信サービスなら、地方では放送しないようなアニメ作品もリアルタイムで視聴できます。レンタルビデオショップに並ぶのを待つ必要はないわけです。

見放題サービスなら、返却期限もありませんし、何度も繰り返し観られます。地方のアニメファンにとって便利な存在といえるでしょう。

新作のアニメ映画・海外アニメは都度課金が多い

TVシリーズのアニメなら見放題の対象になることが多く、最新作をリアルタイムで配信してくれるサービスが多いのですが、劇場用アニメは旧作にならないと「見放題」にならないのが基本ですね。

また海外の人気アニメ映画(というと大半がディズニー作品)は、おそらく大人の事情により、どんなに待っても見放題にならないことが多いです。

10社を比較!アニメ作品数ランキング

人気の動画配信サービスを、「見放題」のアニメ作品数でランキングにしました。TVシリーズも映画作品も含めた数です。すべてのデータは2019年9月現在のものです。

1位:dアニメストア

  • 見放題のアニメ作品数:約2680
  • 内訳:TVアニメ2490/劇場用アニメ190
  • 月額料金:400円(税抜)
  • 形式:見放題&都度課金

dアニメストアの「d」はドコモのdですが、ドコモユーザーでなくても契約可能です。

アニメ専門のサービスというだけあって、見放題のアニメ作品数はダントツです。値段もお手頃ですね。都度課金の作品も60作品程度ありますが、あとは全て見放題です。

弱点は、劇場用アニメの割合が少ないことですね。あと「アニメしかない」という点も人によってはデメリットでしょう。実写作品などアニメ以外も観たいなら、3位の U-NEXT 以降を参照してください。

声優の動画や、2.5次元舞台の動画も含まれているので、それはアニメとはちょっと違う気がしますから作品数から除外しています。

2位:アニメ放題

  • 見放題のアニメ作品数:約2400
  • 内訳:TVアニメ2280/劇場用アニメ120
  • 月額料金:400円(税抜)
  • 形式:見放題のみ

アニメ放題は SoftBank 系のアニメ配信サービスです。こちらも同様に SoftBank ユーザーではない人でも契約できます。dアニメストアと同様にアニメだけの配信で、劇場用作品の割合が少なめです。

価格はdアニメストアと同じですが、作品数で見ると若干負けてしまいますね。

とはいえ少しの差ですし、dアニメストアには無い作品が見つかることもあります。特に「名探偵コナン」など、全国でも放送するようなアニメは、dアニメストアにはありません。その手のアニメは、同系列の「dTV」で配信しています。

dアニメストアかアニメ放題かということなら「観たい作品があるかどうか」によって選ぶのがおすすめです。

3位:U-NEXT(ユーネクスト)

  • 見放題のアニメ作品数:約2380(2880)
  • 内訳:TVアニメ2010/劇場用アニメ370
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 形式:見放題&都度課金

アニメの見放題の作品数がdアニメやアニメ放題とほとんど変わらず、劇場用アニメも充実しています。dアニメストアやアニメ放題にない劇場作品は、だいだいこっちで観られることが多いです。

毎月1200円分のポイントがもらえて、そのポイントで都度課金の作品も観られます。都度課金のアニメ作品は約500あり、その多くは、なかなか見放題にならないような人気作品や新作映画などです。

つまり、月額料金の範囲内で、実質2880作品のアニメを観られるわけです。

アニメ以外も、映画や、ドラマでもかなりの作品数を誇るサービスですから、U-NEXT(ユーネクスト)は「見放題」という点ではトップに君臨しているといえるでしょう。

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

4位:Hulu(フール―)

  • 見放題のアニメ作品数:約850
  • 内訳:TVアニメ670/劇場用アニメ180
  • 月額料金:933円(税抜)
  • 形式:見放題のみ

ある程度、アニメの作品数も充実していて、月額料金もお手頃なので、コストパフォーマンスが優れています。

国内ドラマの数はトップクラスです。海外発祥サービスの強みとして、海外ドラマもけっこうあります。アニメだけでなくドラマも見たい!という人にはもってこいですね。

見放題の魅力は、なんといってもアニメやドラマなどの「連続モノ」をイッキ観できる!という点ですから、ある意味、見放題サービスの重要ポイントを押さえている効率の良いサービスと言えるでしょう。

5位:Netflix(ネットフリックス)

  • 見放題のアニメ作品数:約560
  • 内訳:TVアニメ380/劇場用アニメ180
  • 月額料金:800円~1,800円(税抜)
  • 形式:見放題のみ

アニメの作品数は中程度ですが、海外ドラマの多さではトップです。洋画もかなりの数があります。つまり海外系に強く、国内系に弱いサービスというわけです。国内ドラマや邦画は少なめになっています。

アニメとドラマに強いという点で Hulu と似ていますが、海外ドラマ派なら Netflix(ネットフリックス)、国内ドラマ派なら Hulu という選び方になるでしょう。

「動画配信サービスの中では Netflix でしか観られないアニメ」があったりなど、最近アニメに力を入れてきているサービスでもあります。

月額800円、1200円、1,800円の3つのプランがありますが、違いは画質と、同時に視聴可能なデバイスの数だけです。特にアニメを観るなら「画質」に注意しましょう。アニメは輪郭がくっきりした画ですから、粗い画像だと、輪郭のギザギザ感が分かりやすく出てしまうからです。

大きい画面で観るなら「HD画質」対応の1,200円か1,800円のプランでないと、粗さが気になるかもしれません。

6位:TSUTAYA TV

  • 見放題のアニメ作品数:約540
  • 内訳:TVアニメ410/劇場用アニメ130
  • 月額料金:933円(税抜)
  • 形式:見放題&都度課金

TSUTAYA が提供する動画配信サービスです。

都度課金を含めた全てのアニメ作品の数は約3090で、かなりの数ですが、見放題はそのうち約540だけです。つまり課金して利用するのがメインのサービスと言えます。

U-NEXT のように、毎月1080ポイントを付与されるので、それで都度課金の作品も視聴できます。U-NEXT と比べると見放題が少ないので、アニメなどのイッキ観には不利ですが、その分お値段が半額以下というのが強みですね。

TSUTAYA TV の「動画見放題プラン」は月額933円(税抜)ですが、無料のお試し登録をすると、「定額レンタル8」というDVDの宅配レンタルサービスがついた「セットプラン」になります。放置すると月額2,417円が課金されますので、宅配レンタルが不要なら外しましょう。

7位:Amazonプライム・ビデオ

  • 見放題のアニメ作品数:約530
  • 内訳:TVアニメ400/劇場用アニメ130
  • 月額料金:500円(税込)
  • 形式:見放題&都度課金

Amazonプライム・ビデオは、月額500円(税込)の「Amazonプライム」に加入していると利用できる動画配信サービスです。他のサービスと比べて優れているのは、月額料金が一番安いことですね。

こちらも海外発祥のサービスですから、海外ドラマや洋画が多くなっています。アニメの見放題は、Netflix や TSUTAYA TV と同じような作品数で、中程度ですね。

Amazonプライムは動画だけのサービスではないので、音楽の聴き放題や、アマゾン通販のお急ぎ便も、追加料金なしで利用できます。コスパという点で、かなり優れているといえるでしょう。

8位:dTV

  • 見放題のアニメ作品数:約400
  • 内訳:TVアニメ240/劇場用アニメ160
  • 月額料金:500円(税抜)
  • 形式:見放題&都度課金

dTVもドコモ系のサービスですが、ドコモユーザーじゃなくても利用できます。アニメの見放題は少な目ですが、dアニメと同じ系列ということもあり、dアニメには無い作品を補っている感じです。

他のジャンルについてもあまり作品数が多いわけではありませんが、ドラマ系の作品数は中程度で、それなりに充実しています。韓流ドラマの作品数では「U-NEXT」「TSUTAYA TV」とほとんど同レベルです。

月額500円(税抜)で格安なので、dアニメと併用するといいかもしれません。

9位:ビデオパス

  • 見放題のアニメ作品数:約340
  • 内訳:TVアニメ320/劇場用アニメ20
  • 月額料金:562円(税抜)
  • 形式:見放題&都度課金

ビデオパスはau系の動画配信サービスです。アニメの見放題作品は少なく、映画やドラマなど他のジャンルでも全体的に見放題が少ないですが、毎月540円分のポイントを付与され、それで都度課金の作品を観られるのが特徴です。

また、ビデオパスの契約者は映画館のチケットを格安で購入できるなど、付帯サービスで勝負している感じですね。

10位:Parabi(パラビ)

  • 見放題のアニメ作品数:約90
  • 内訳:TVアニメ80/劇場用アニメ10
  • 月額料金:925円(税抜)
  • 形式:見放題&都度課金

Parabi(パラビ)は国内ドラマに力を入れているサービスなので、アニメの見放題はほとんどありません。とにかく国内ドラマの見放題ではトップに君臨していますので、それ以外は捨てている感じですね。

まとめ

アニメを観るには、どの動画配信サービスと契約すればいいのでしょうか?

アニメの作品数だけで考えれば「dアニメストア」がトップです。

アニメ映画や、実写・TVドラマなども、まんべんなく観たいなら「U-NEXT」がいいでしょう。

まんべんなく観たいけど、500円以下に抑えたいなら、作品数的に「Amazon プライム・ビデオ」がおすすめです。

コストと作品数で比較しましたが、数字には出ない部分、つまり自分の観たい作品があるかどうかについても確認することをおすすめします。

-動画配信サービス

Copyright© STOTUKU , 2019 All Rights Reserved.