動画配信サービス

【2019】映画 見放題の数で比較!動画配信サービス8社ランキング

clapper-movie

見放題の動画配信サイトは色々ありますが、映画好きが契約するならどこがいいのでしょうか?見放題で観られる映画の作品数で比較してみました。邦画や洋画などの内訳も記載しています。ランキングは2019年9月の調査によるものです。

動画配信サービスとは

VOD(ビデオ・オン・デマンド)とも呼ばれる「動画配信サービス」がいくつもありますが、そもそもどういう内容のサービスなのかをまとめておきます。

ネットを利用して動画を視聴できる

動画配信サービスとは、インターネットを使って映画やドラマ、アニメなどを視聴できるサービスです。もちろん違法ではなく、正式な契約のもとに配信されています。

スマホやタブレット、PC、TV画面など、インターネットに接続できるさまざまな端末で視聴可能です。スマホやタブレットで利用するには、専用のアプリをダウンロードします。

TV画面で観たい場合は、Fire TV Stick や Chromecast などを繋ぐだけです。詳しくは以下の記事にまとめています。

テレビでネット動画を観る3つの方法―動画配信サービスを大画面で!

アニメや映画、ドラマなどを配信する動画配信サービスや、ニコニコ動画、YouTube などのネット動画がいろいろありますが ...

続きを見る

2種類の課金タイプがある

動画配信サービスは、大きく分けて2つの課金形式があります。

一つは、「見放題」形式です。契約期間中は動画が見放題という形式で、毎月の定額料金がかかります。

もう一つは、「都度課金」形式です。PPV(ペイパービュー)ともいいます。レンタルビデオのように、見たい作品ごとに課金をして、一定期間視聴できるというサービスです。

動画配信サービスによっては、「全てが見放題」という場合と、「見放題と都度課金の両方が混在」というパターンがあります。

動画配信サービスの比較方法

ランキングを見る前に、動画配信サービスを比較するためのポイントを押さえておきましょう。

見放題の作品数で比較する

動画配信サービスに契約するには、月額料金を払うことになりますが、その料金の範囲で視聴できるのは「見放題」の作品だけです。その他の作品を見るには、追加の課金をする必要があります。

つまり動画配信サービスのコスパを比較するには、全体のうち「見放題」の作品数を比較すべきということです。

洋画が多いか邦画が多いか

動画配信サービスによって、洋画が多いこともあれば、邦画が多いということもあります。映画の作品数の「内訳」にも注目して比較しましょう。

映画好きと一口に言っても「邦画好き」「洋画好き」などさまざまです。自分の好みにあったジャンルが多いサービスを選ぶことが重要です。

ちなみに映画以外の作品数も含めたランキングについては、以下の記事にまとめています。

【2019】動画配信サービス8社を徹底比較!見放題の作品数ランキング

この記事では、動画配信サービス(VOD)をどのように比較すればいいのか?という点と、見放題の作品数で比較したランキングを ...

続きを見る

観たい作品があるか確認

また、単純に作品数で比較するだけでなく、その内容・質もチェックしましょう。

動画配信サービスによっては、新しい作品をすぐに配信してくれる場合もあれば、古い作品やマイナーな作品が大半という場合もあります。

最新作やメジャー作品を観たいのか、それとも過去の名作やマイナー作品を中心に観たいのかなど、「自分の観たい作品があるか」を具体的に確認することも重要です。

見放題の映画作品数ランキングTOP8

動画配信サービスの映画作品数について、見放題の数だけを集計してランキングにしました。すべてのデータは2019年9月現在のものです。作品数にはアニメ映画も含まれています。

1位:U-NEXT(ユーネクスト)

見放題の映画作品数:約7110(8570)

  • 内訳:邦画2840/洋画4270
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 形式:見放題&都度課金

U-NEXT(ユーネクスト)は、映画以外もあらゆるジャンルに対応していて、見放題の作品数で比較すると、トップに君臨する動画配信サービスですね。最新作やメジャー作品などを網羅していて、数だけでなく内容も充実しています。

毎月1,200円分のポイントがもらえて、そのポイントで都度課金の作品も観られます。都度課金の映画は、見放題と合計すると約8570作品です。

1,200円あれば、およそ2~3本は映画を観られますので、週に1回ぐらいしか映画を観ないのであれば、「約8570作品が見放題のようなもの!」といえますね。

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

2位:TSUTAYA TV

見放題の映画作品数:約2900(10380)

  • 内訳:邦画1530/洋画1370
  • 月額料金:933円(税抜)
  • 形式:見放題&都度課金

月額933円とお手頃なうえに、U-NEXTと同じしくみで、毎月1080円分のポイントを付与されます。都度課金の作品数は、見放題と合計すると約10380作品ですから、かなりのコスパです。

ただし、数には表れない”質”についてもよく確認しましょう。観たい作品があるかどうか、よくチェックしてみてください。

TSUTAYAの動画配信サービス「TSUTAYA TV」は月額933円ですが、無料のお試し登録をすると自動的に「定額レンタル8」という宅配レンタルサービスがついた「セットプラン」(月額2,417円)になります。「定額レンタル8」が不要なら、すぐに外したほうがいいでしょう。

ちなみに「TSUTAYAプレミアム」というプランもあります。これは、動画見放題と、実店舗での旧作借り放題のセットプランです。店頭での手続きが必要で、登録するお店によって料金が異なります。

3位:Netflix(ネットフリックス)

見放題の映画作品数:約2340

  • 内訳:邦画840/洋画1500
  • 月額料金:800円~1,800円(税抜)
  • 形式:見放題のみ

Netflix(ネットフリックス)はアメリカから来たサービスということもあり、邦画より洋画が充実していますね。洋画の数だけで見るとU-NEXT(ユーネクスト)に次いで2位です。

月額800円、1,200円、1,800円の3つのプランがありますが、違いは「画質」と、「同時に視聴可能なデバイスの数」なので、作品数の違いはありません。

800円のプランでは「SD画質」になるので、スマホやタブレットで見るには十分ですが、大きいテレビ画面で観るなら「HD画質」になる1,200円以上のプランでないと、画面が荒く感じるでしょう。

4位:Amazonプライム・ビデオ

見放題の映画作品数:約1650

  • 内訳:邦画990/洋画660
  • 月額料金:500円(税込)
  • 形式:見放題&都度課金

他のサービスと比べて優れているのは、月額料金が一番安いことですね。Amazonプライム・ビデオだけ税込表示なので、後述するdTVよりも安く、このランキング内では最安です。年払いならもっと安く、年4900円(税込)なので、月あたり約408円(税込)となります。

安い割に、洋画は5位、邦画は4位と、見放題の作品数では中程度のレベルで、コスパが高いといえるでしょう。

Amazonプライムは動画だけのサービスではないので、音楽の聴き放題や、アマゾン通販のお急ぎ便など、「Amazonプライム」のサービスすべてを含めてこの価格です。

5位:Hulu(フール―)

見放題の映画作品数:約1630

  • 内訳:邦画1200/洋画430
  • 月額料金:933円(税抜)
  • 形式:見放題のみ

Huluもアメリカが本拠地のサービスですが、以外にも日本の国内系の作品に力を入れているサービスです。

映画の合計では5位ですが、邦画の作品数では3位で、かなり上位です。国内ドラマについても、後述する国内ドラマに特化した「パラビ」に次いで2番目となっています。

ネットフリックスと同じように、すべての作品が見放題なので分かりやすいですね。

6位:dTV

見放題の映画作品数:約1480

  • 内訳:邦画590/洋画890
  • 月額料金:500円(税抜)
  • 形式:見放題&都度課金

dTVの「d」はドコモのdですが、ドコモユーザーでなくても契約可能です。

日本スタートのサービスなのに、以外にも洋画の作品数が多く、3位です。月額500円という安さを考えると、洋画を観るための動画配信サービスとしてのコスパが良いといえるでしょう。

他のジャンルの作品数については、韓流ドラマも3番目に多いので、韓流好きにもおすすめです。

7位:Parabi(パラビ)

見放題の映画作品数:約500

  • 内訳:邦画330/洋画170
  • 月額料金:925円(税抜)
  • 形式:見放題&都度課金

Parabi(パラビ)は、国内ドラマに力を入れているサービスとして知られており、国内ドラマの見放題作品数ではトップです。

映画やアニメなど他のジャンルについては弱く、見放題作品数は少なめになっています。とにかく国内ドラマに特化したサービスということですね。

8位:ビデオパス

見放題の映画作品数:約420(2610)

  • 内訳:邦画160/洋画260
  • 月額料金:562円(税抜)
  • 形式:見放題&都度課金

ビデオパスはau系の動画配信サービスですね。映画の見放題作品は少なく、アニメやドラマなど他のジャンルについても見放題は少なめです。

U-NEXT や TSUTAYA TV と同じしくみで、毎月540円分のポイントをもらえます。ただ都度課金を加えても合計で約2610作品ですから、U-NEXT や TSUTAYA TV と比べてしまうと少なさを感じるでしょう。

映画のチケットがお得に購入できるサービスなど、付加的なサービスが充実しているので、見放題以外の部分で勝負しているサービスであるといえます。

まとめ

結局、どの動画配信サービスを利用すればいいのでしょうか。

単純に見放題の作品数だけで考えれば「U-NEXT」がトップです。

少し予算を押さえて、1000円以下にしたいなら「TSUTAYA TV」のコスパが良いでしょう。

500円以下にしたいなら、作品数的に「Amazon プライム・ビデオ」がおすすめです。

コストと作品数で考えると上記のとおりですが、自分の観たい作品があるかどうかも確認したうえで選んでみてください。

-動画配信サービス

Copyright© STOTUKU , 2019 All Rights Reserved.