動画配信サービス

見放題の動画配信サービス(VOD)を作品数で比較してみた!ドラマ編

更新日:

テレビを見る男

定額で見放題の動画配信サイトは色々ありますが、ドラマ好きが契約するならどこがいいのでしょうか?定額料金の範囲内で観られるドラマ作品の合計数で比較してみました。内訳として海外ドラマと国内ドラマ、韓国アジアドラマの作品数もまとめています。

動画配信サービスの基本

まず動画配信の2種類の形式と、そもそもどうやって観たらいいのか?という基本からまとめておきます。

「見放題」と「都度課金」

動画配信は大きく分けて、「見放題」と「都度課金」の2種類の方式があります。

「見放題」形式とは、定額料金を払って、契約中はいくらでも動画を見放題というタイプです。

「都度課金」形式は、PPV(ペイパービュー)ともいいます。レンタルビデオのように、見たい作品ごとにお金を払って、一定期間視聴できる動画です。

見放題と都度課金を併用しているサービスがありますので、「○○万作品以上!」と言っても、すべてが見放題とは限らないわけです。この記事ではちゃんと「見放題」の作品数だけを比較していますので、参考にしてください。

観る方法

動画配信サービスを、スマホやタブレット・PCで観るには、専用アプリをダウンロードするか、ブラウザーでサイトにアクセスするだけなので簡単ですね。

TV画面で観たい場合は、クロームキャストや、Fire TV スティックなどの機器をTVに取り付けるなど、いくつかの方法があります。詳しくは以下の記事を参照してください。

テレビでネット動画を観る3つの方法―今まで使っていたテレビで、簡単にネット動画が観られる!

テレビ画面でネット動画を見るにはどうしたらいいのか? 言い換えると、どうやってネットに繋がらないテレビで、ネットを閲覧で ...

続きを見る

かんたん比較表

動画配信サービス・アプリを、「定額で観られるドラマ作品の数」で比較してみました。以下のとおりです。

見放題のドラマ作品数 月額料金(税抜)
U-NEXT 約1680 1,990円
hulu 約1040 933円
Netflix 約970 800~1,800円
Amazon プライム 約870 400円
TSUTAYA TV 約740 933円
dTV 約570 500円

この数字はあくまで合計なので、海外ドラマの数や、国内ドラマ、韓国アジアドラマの数で比較すると順位が変わります。

以下に、それぞれのサービスについて、内訳を含めて詳しく解説します。ちなみにここでいう「海外ドラマ」とはアメリカ・イギリス系のドラマで、もちろん韓国アジアドラマは含まれていません。

見放題のドラマ作品数ランキング

1位:U-NEXT

  • 見放題のドラマ作品数:約1680
  • 内訳:海外ドラマ 420/国内ドラマ 550/韓国アジアドラマ 710
  • 月額料金(税抜):1,990円
  • 形式:見放題&都度課金

ドラマ作品数の合計が一番多く、海外・国内・韓国アジアの3種類をバランスよく網羅しています。特に、韓国アジアドラマの数は、他の配信サービスと比べてダントツの1位です。

毎月1,200円分のポイントがもらえて、そのポイントでPPV作品も観られます。つまり「PPV作品も毎月1,200円分は見放題のようなもの!」というわけです。

映画、アニメの作品数についてもトップなので、作品数の多い見放題サービスといえば、現在は U-NEXT が王者と言って間違いないでしょう。

2位:hulu

  • 見放題のドラマ作品数:約1040
  • 内訳:海外ドラマ 390/国内ドラマ 590/韓国アジアドラマ 60
  • 月額料金(税抜):933円
  • 形式:見放題のみ

合数のドラマ作品数としては2位ですが、国内ドラマの数では1位です。国内ドラマをメインに観るなら、コスパ的にも良いサービスといえるでしょう。

ただし映画とアニメの作品数は少なめなので、ドラマ以外もよく観るという場合はちょっと不満を感じる可能性があります。見放題だけなので、課金して観られる作品もありません。

3位:NetFlix(ネットフリックス)

  • 見放題のドラマ作品数:約970
  • 内訳:海外ドラマ 820/国内ドラマ 90/韓国アジアドラマ 60
  • 月額料金(税抜):800円~1,800円
  • 形式:見放題のみ

国内ドラマと韓国アジアドラマがほとんどないものの、海外ドラマの作品数が1番多いサービスです。海外ドラマばっかり観るという方にはぴったりのサービスですね。

月額800円、1200円、1800円の3つのプランがあります。プランの違いは、同時に視聴可能なデバイスの数と、画質です。

4位:Amazonプライム・ビデオ

  • 見放題のドラマ作品数:約870
  • 内訳:海外ドラマ 590/国内ドラマ 200/韓国アジアドラマ 80
  • 月額料金(税抜):400円
  • 形式:見放題&都度課金

最大の特徴は、月額料金が一番安いことです。海外ドラマの作品数が2番目に多く、値段の割に作品数もしっかり用意している印象です。

400円払うことで利用できるサービスは動画だけでなく、音楽聞き放題や、Amazon通販の送料無料、お急ぎ便無料など、色々なメリットがあります。Amazonの通販をよく使うならおすすめです。

5位:TSUTAYA TV

  • 見放題のドラマ作品数:約740
  • 内訳:海外ドラマ 120/国内ドラマ 400/韓国アジアドラマ 220
  • 月額料金(税抜):933円
  • 形式:見放題&都度課金

上記は「動画見放題プラン」についての作品数です。Amazonプライムと比べると、海外ドラマが少ない分、国内ドラマと韓国アジアドラマで補っています。当然ですが新作・準新作は動画見放題の対象外です。

価格はAmazonプライムの倍以上ですが、毎月1080円分のポイントがもらえるので、その分で相殺する感じですね。

ちなみに「定額レンタル8」という、月額定額1,865円(税抜)のCD/DVDの定額宅配レンタルサービスもありますので、混同しないようにしてください。

「TSUTAYAプレミアム」というサービスもあり、これは動画見放題と、実店舗での旧作借り放題のセットプランです。店頭での手続きが必要で、登録するお店によって、料金が異なります。

6位:dTV

  • 見放題のドラマ作品数:約570
  • 内訳:海外ドラマ 140/国内ドラマ 200/韓国アジアドラマ 230
  • 月額料金(税抜):500円
  • 形式:見放題&都度課金

dTVはドコモユーザーでなくても契約可能です。Amazonプライムと同じような価格帯ですが、こちらは海外ドラマ・国内ドラマ共に、見放題は少なめです。主に課金して観るということでしょう。

韓国アジアドラマはAmazonプライムの3倍ぐらいの数があるので「価格重視で韓流好きなら、AmazonプライムよりもdTV」という選び方になると思います。

-動画配信サービス

Copyright© STOTUKU , 2019 All Rights Reserved.