ストーリーの作り方

物語の作り方は2種類―キャラクター先かストーリー先か、あなたはどっち?

更新日:

2way

マンガや小説のアイデアは、どうやって思いつくのでしょうか?「降りてくる」のを待つしかないのでしょうか。

この記事では、物語を作るためによく使われる2種類の方法を比較してまとめています。

あなたはどっちのタイプでしょうか。もしくは、どっちの方法が作りやすいでしょうか。効率的に作品を作るために役立てば幸いです。

物語を作る2種類の方法

物語を作る2種類の方法の1つ目は、キャラクターから先に考えて、キャラクターを自由に動かすことによってお話を考えていく方法です。

2つ目は逆に、設定や世界観、お話の筋を先に考えて、それに当てはまるようにキャラクターを作っていく方法です。

この2つの方法について、脚本術の権威とされているシド・フィールド著「映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと」に、以下のように説明されています。

脚本を書くには二つの方法がある。

一つはアイデアを考えついて、そのアイデアに合うようなキャラクターを作るという方法である。

(中略)

もう一つの方法は、キャラクターを作ることから始まる。まずキャラクターを作ってしまい、そこから”ドラマ上の欲求”、アクション、そしてストーリーまでも導き出すのである。

シド・フィールド著「映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと」安藤紘平、加藤正人、小林美也子、山本俊亮訳より

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術

 

2つの方法を、それぞれ「キャラクター先発想法」と「ストーリー先発想法」と呼ぶことにして、以下に詳しくまとめています。

方法1:キャラクター先発想法

「キャラクター先発想法」とは、前述のとおり、まずキャラクターをしっかり作りこむ方法です。

そのキャラクターに合う世界観を考え、目標・動機を作り、どのように行動するかによって、ストーリーを作っていきます。

この作り方のメリットは、以下のとおりです。

メリット1:キャラが立ちやすい

キャラクターを先に考える分、キャラ設定を自由に考えられます。その分、インパクトのあるキャラクターも作りやすくなりますね。

キャラ立ちが重要となってくるマンガ業界などでは、この作り方のほうが役立つでしょう。

メリット2:無理なくストーリーを展開できる

キャラクター先発想法は、いわゆる「演繹法」という思考法に分類されると思います。

キャラクターの行動や選択によってストーリー展開を考えるので、自分の中でキャラがしっかり生きていれば、自然にストーリー展開を思いつくでしょう。

ストーリー展開に悩んだ時も、「このキャラならどう行動するか?」と考えると、すぐに展開を思いつく場合があります。

ちなみに、ストーリー展開に悩んだ場合の克服法については、以下の記事にまとめています。

作り方2:ストーリー先発想法

「ストーリー先発想法」とは、前述のとおり、設定や世界観、話の筋から先に作る方法のことです。

SFやファンタジーは、たいてい世界観・設定を先に作りますね。ミステリーも、トリックや話の筋を先に考える場合が多いと思います。

「ストーリー先発想法」のメリットとデメリットは、以下のとおりです。

メリット1:魅力的な世界観を作りやすい

世界観を先に作る分、自由度が高くなるので、魅力的な世界観を作りやすくなります。

だからこそ、世界観が重要なファンタジーやSFにむいているわけですね。

メリット2:意外性のある話を作りやすい

キャラクター先発想法の場合、キャラクターの行動に任せてストーリーを積み上げていくので、自然な流れのストーリー、つまり「ありきたり」になりがちです。

一方、ストーリー先発想法は、話のオチなど、話の展開を先に考える方法なので、意外性のあるストーリーを作りやすいでしょう。

デメリット1:キャラが立ちにくい

ストーリー先発想法は、ストーリーのインパクトを強くできるかわりに、キャラが薄くなりがちです。

先に作ったストーリーにハマるようにキャラクターを作りますから、どうしてもキャラクターの自由度が少なくなって、ありきたりになりやすいでしょう。

デメリット2:話に無理が生じやすい

ストーリー先発想法は、いわゆる「帰納法」という思考法に分類されると思います。

帰納法は、オチが先に決まっていて、そこに持っていくにはどうしらいいか?という考え方ですから、いわば作者がキャラクターを無理やり操って誘導する形になります。

ですから、キャラクターの動機に無理が生じたり、「どうしても話をそっちに持っていけない!」と挫折する可能性が高くなります。

まとめ

この記事でまとめた物語の作り方は、以下の2種類です。

  • キャラクター先発想法:キャラクターを先に作り、ストーリーを考える。
  • ストーリー先発想法:ストーリーを先に作り、キャラクターを後から考える。

キャラクター先とストーリー先の特徴は、以下のとおりです。

  キャラクター先 ストーリー先
キャラの立ちやすさ
ストーリーのインパクト
魅力的な世界観

それぞれ、弱点はありますが、まったくダメなわけでもないので△と表記しました。

このように、それぞれの発想法の特徴を理解すれば、自分の作品の方向性によって、発想法を使い分けることができますね。

この記事の参考文献

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術

-ストーリーの作り方

Copyright© STOTUKU , 2018 All Rights Reserved.