キャラクターに弱点、欠点を設定することの2つのメリット

a-bitten-apple

キャラクター設定の基本として「必ず弱点・欠点をつける」というセオリーがあります。「弱点をつけると何がいいのか?」「どうやって弱点をつけたらいいのか?」という点についてまとめました。

漫画では主人公に弱点をつけるのが基本

漫画では弱点を持つ主人公がよく登場します。漫画に限らず、バトル要素のある作品の主人公には、必ずといっていいほど弱点があります。

ウルトラマンは「3分しか戦えない」、アンパンマンは「濡れたら弱くなる」、ルフィは「泳げない」などです。

弱点、欠点の必要性は、ジャンプが出しているのマンガの描き方本「鳥山明のヘタッピマンガ研究所」でも説明されています。

鳥山明のヘタッピマンガ研究所 あなたも 漫画家になれる!かもしれないの巻 (ジャンプコミックスDIGITAL)

弱点、欠点が重要な2つの理由

なぜ弱点を設定する必要があるのでしょうか。厳密には「絶対必要」とは限りませんが、設定することには以下の2つのメリットがあります。

  • ストーリーに「葛藤」が生まれる
  • キャラへの「共感」が生まれる

「葛藤」させるため

弱点があることで「葛藤」が生まれ、ストーリーを盛り上げやすくなります。

ゲームにルールや制約があると面白くなることと同じですね。

「葛藤」の重要性については、ハリウッド映画の脚本術で有名なシド・フィールド氏の著書でも、以下のように説明されています。

すべてのドラマは葛藤である。

葛藤なしでは、アクションは生まれない。

アクションがなければ、キャラクターを作ることができない。

キャラクターなしでは、ストーリーが生まれない。

出典:シド・フィールド著「映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと」安藤紘平、加藤正人、小林美也子、山本俊亮訳

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術

主人公に弱点がなく、強すぎて、何でもできちゃうと「葛藤」を作るのが難しくなります。そして「葛藤」なしでは、「ストーリが生まれない」とのこと。

もちろん弱点を作る以外にも、葛藤を作る方法はあります。ハリウッド映画では主人公に「目標」を設定して、それを妨げる敵などの「障害」を設定するという手法がよく使われます。

ハリウッド式のストーリー構成について詳しくは、以下の記事を参照してください。

三幕構成とは?アメリカ式のストーリーの作り方を分かりやすく解説!

弱点を設定することは、葛藤によってストーリーを盛り上げるための一つの手段というわけです。

共感を呼ぶため

主人公の弱点が、読者・観客の「共感」を呼び、キャラの魅力を高めることもあります。

いわゆる「ギャップ萌え」ではありません。単なる「ギャップ」ではなく、「弱点」です。

主人公に人間らしい弱さを持たせることで、「自分と同じことで悩んでる」と親近感を持たれやすくなります。弱点が共感を生み、主人公に感情移入しやすくなるわけです。

どうやって弱点をつけたらいいか

では具体的にどのような弱点を設定すればよいのでしょうか。基本的なポイントを2つ解説します。

「葛藤」を生み出すような弱点を考える

前述のとおり、弱点は「葛藤」を生み出すためにあるので、弱点が「葛藤」につながるかどうか、それが「ストーリー」になるかどうかで考えてみましょう。

「弱点」というより「制限」に近い設定の場合もよくあります。「1回しか使えない」「直接触らないと発動しない」など、特殊能力や必殺技の制約も、葛藤につながる弱点の一種です。

ゲームのルールを考えることと似ているかもしれません。ルール設定で盛り上げる方法については、以下の記事で解説しています。

漫画・小説のアクションシーンの描き方|ゲーム性を加えると面白くなる!

共感を呼ぶ弱点を考える

「共感しやすいかどうか」で弱点を考えることも重要です。

特に感情移入してほしい主人公などのメインキャラクターには通常、「あるある!分かる!」と、みんなが共感しやすい欠点を設定します。

おすすめは、元ネタを探して考えるという手法です。自分のことを元ネタにしてもいいですし、だれか実在する人の弱点を参考にしてもOK。

実際、多くのクリエーターは、自分のことを元ネタにして作品を作っています。その点については、以下の記事を参照してください。

なぜ必要?物語のテーマとは~小説・漫画のテーマの決め方、考え方

実在するものを元ネタにすることで、リアルな弱点となり、共感を生みやすくなるのです。

まとめ

キャラクターに弱点、欠点を設定するメリットは、以下の2点でした。

  • 「葛藤」させて、ストーリーを盛り上げるため
  • 「共感」させて、キャラに感情移入させるため

キャラクター設定の重要な要素は弱点だけではありません。他の要素については以下の記事を参照してください。

キャラクター設定・性格の作り方|漫画や小説のオリジナルキャラを作るコツ

今回の参考文献

鳥山明のヘタッピマンガ研究所 あなたも 漫画家になれる!かもしれないの巻 (ジャンプコミックスDIGITAL)

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術