キャラクターデザイン

キャラクターに弱点、欠点を設定することの2つのメリット

更新日:

a-bitten-apple

ヒーローものとかバトルものの常識として、主人公が強すぎると面白くないから、必ず弱点、欠点をつけるというのがありますね。

この記事では、弱点をつけると何がいいのか?どうやって弱点をつけたらいいのか?をまとめています。

主人公には弱点が必要といわれているけど

ウルトラマンは3分しか戦えない。アンパンマンは濡れたら弱くなる。ルフィは「泳げない」。

こういう弱点、欠点の必要性は、ジャンプが出しているのマンガの描き方本「鳥山明のヘタッピマンガ研究所」でも、以下のように説明されています。

ジャンプコミックス「鳥山明のヘタッピマンガ研究所」より

鳥山明のヘタッピマンガ研究所 あなたも 漫画家になれる!かもしれないの巻 (ジャンプコミックスDIGITAL)

なんで欠点をもっていなきゃいけないんでしょうか。

弱点、欠点が重要な2つの理由

「葛藤」させるため

ストーリーには「葛藤」が必要だといわれています。

その点は、ハリウッド映画の脚本術ハウツー本として有名な「映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと」(シド・フィールド著)で、以下のように説明されています。

すべてのドラマは葛藤である。

葛藤なしでは、アクションは生まれない。

アクションがなければ、キャラクターを作ることができない。

キャラクターなしでは、ストーリーが生まれない。

シド・フィールド著「映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと」安藤紘平、加藤正人、小林美也子、山本俊亮訳より

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術

欠点とか弱点は、この「葛藤」を生み出すための、一つの手段ということだと思います。

主人公が強すぎて、何でもできちゃうと「葛藤」は生まれないですからね。そして「葛藤」なしでは、最終的に「ストーリが生まれない」といわれています。

つまり「葛藤」がないと面白くないよ!ということでしょうね。「ヘタッピマンガ研究所」でも、わかりやすく、以下のように説明されています。

弱点があったほうが勝ったときによけいにうれしい~っ!!!というわけだ。

ジャンプコミックス「鳥山明のヘタッピマンガ研究所」より

 

ストーリーを盛り上げて、面白くするための弱点だということですね。

共感を呼ぶため

葛藤を作るというより、親近感を持たせるなど、キャラの魅力をUPさせる弱点もあります。

いわゆる「ギャップ萌え」とはちょっと違います。単なる「ギャップ」ではなく、「弱点」です。

「強すぎて悩みなんてないと思っていたキャラが、以外に自分たちと同じ弱さを持っていた…こいつも僕と同じことで悩んでるのか…」と親近感をもつための「弱点」です。

どうやって弱点をつけたらいいか

「葛藤」のための弱点の作り方

前述のとおり、弱点は「葛藤」を生み出すためにあるので、

弱点が「葛藤」につながるかどうか、それが「ストーリー」になるかどうかで考えるべきでしょう。

ウルトラマンの「3分」という制約があるから、3分以内で倒さなきゃ!という葛藤につながって、盛り上がるわけです。

逆に、何の葛藤も、ストーリーも生み出さないような弱点は意味がないでしょう。

「ゲームにはルールがあるから面白い」ということに似ていますね。

 

共感を呼ぶ弱点の作り方

「共感を呼ぶ」ためであれば、あたりまえですが「共感しやすい欠点」にする必要があります。

たとえば「優等生だけど異常な趣味がある」みたいな欠点は、「ギャップ」としてのキャラ立ちにはなりますが、「共感」されにくいでしょう。

感情移入してほしいキャラクターには、「あるある!わかる!」と、みんなが共感しやすい欠点を設定するといいかもしれません。

まとめ

キャラクターに弱点、欠点を設定するメリットは、以下の2点でした。

  • 「葛藤」させて、ストーリーを盛り上げるため
  • 「共感」させて、キャラに感情移入させるため

今回の参考文献

鳥山明のヘタッピマンガ研究所 あなたも 漫画家になれる!かもしれないの巻 (ジャンプコミックスDIGITAL)

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術

-キャラクターデザイン

Copyright© STOTUKU , 2018 All Rights Reserved.