ストーリーの作り方|総まとめ!一般的な創作理論を整理してみました

pen-note

ストーリーの作り方の参考になる本が沢山ありますね。有名クリエーターの創作理論、ハリウッドの理論本の日本語訳、名作の制作秘話などなど…

世の中にあふれているストーリー創作理論を整理して、うまくまとめるだけで、かなり役立つ知識を得られるでしょう。そういうコンセプトで、このサイトでは色々な参考文献をもとに、実践で使えそうな理論をまとめてきました。この記事は、その総まとめです。

ストーリーのテーマについて

ストーリーのテーマとは何か?という基本の話から、テーマの考え方まで、このサイトではまとめています。

テーマとは何か?

テーマとは「結局このストーリーは何の話なのか?」ということですね。それはメッセージ的な形とは限りません。

テーマがないストーリーは「結局何の話なのかよくわからない」ことになってしまいます。詳しくはこちら↓

なぜ必要?物語のテーマとは~小説・漫画のテーマの決め方、考え方

ストーリーの冒頭について

ストーリーは冒頭が肝心!とよく言われますね。冒頭に必要な情報は、以下の3点だと言われています。

  • ストーリー・クエスチョン(セントラル・クエスチョン)
  • 主人公は誰か
  • 世界観・設定

主人公と世界観・設定を説明するのは当然として、「ストーリー・クエスチョン」は、日本では一般的ではない考え方かもしれません。ハリウッドではかなり基本的なこととされています。

「ストーリー・クエスチョン」がはっきりしていないストーリーは、ルールのないスポーツのようになってしまい。全く面白くなくなってしまいます。詳しくはこちら↓

3ストーリーの作り方|引き込まれる冒頭シーンに必要な3つの情報―ありがちな間違いとは?

「構成」の理論

主な構成理論を2つ、ピックアップしてみました。

世界基準は「三幕構成」で、「起承転結」はちょっと邪道です。「起承転結」は「三幕構成」の一種、応用形といえるかもしれません。

三幕構成

三幕構成とは、主にハリウッドで発達した、映画用のストーリー構成理論ですね。冒頭で観客の注意を引き込む機能が優れています。

三幕構成の内訳は以下のとおりです。

  • 一幕:発端―設定の説明と、ストーリー・クエスチョンの提示
  • 二幕:葛藤―ストーリー・クエスチョンのための葛藤
  • 三幕:解決―ストーリー・クエスチョン解決のために物語が大きく動き、結末へ

全体を通してカギを握っているのは、「ストーリー・クエスチョン」ですね。詳しくは以下の記事に解説しています↓

三幕構成とは?アメリカ式のストーリーの作り方を分かりやすく解説!

起承転結

起承転結は、元々は漢詩の構成理論ですが、主に日本においてストーリー構成に応用されたと思われる理論ですね。つまり、起承転結も三幕構成も、内容はほとんど同じで、以下のように対応しています。

  • 起=一幕
  • 承=二幕
  • 転・結=三幕

詳しくは以下の記事にまとめています↓

ストーリーの起承転結とは?それぞれの意味を解説!三幕構成と比較してまとめてみた

アイデアの出し方

ストーリーのアイデアを考えるための基本となる思考法がいくつかあります。このサイトでは色々な思考法をまとめてきましたので紹介します。

演繹法と帰納法

ストーリーの流れや、決まったオチに向かって、キャラを操る作り方は「帰納法」逆に、キャラが自由に動くように、キャラにゆだねる作り方を「演繹法」といいますね。

この2つの思考法はストーリー作りの基本なので、両方うまく使いこなすことが重要です。使いこなせないと煮詰まったり、スランプに陥ったりすることがあります。詳しくはこちら↓

演繹法と帰納法とは?ストーリーを作るための2種類の思考法

キャラ先と世界先

少年マンガなどは、キャラを先に考えて、設定やストーリーを後付けする方法が主流ですね。

逆に、SFやミステリーなどは、設定・世界観や話の筋を先に考えて、その話を動かすコマとしてキャラを後付ける場合が多いでしょう。キャラが先か、世界観が先か、2つの作り方それぞれに長所と短所があります。詳しくはこちら↓

2way物語の作り方は2種類―キャラクター先かストーリー先か、あなたはどっち?

王道パターンを利用する

神話のパターンにそって、ストーリーを作る方法は有名です。「スター・ウォーズ」はこの方法を使ったといわれています。詳しくはこちら↓

森の中の道。向こうから光ストーリーの王道パターンを利用せよ!ストーリーを量産するテクニック

神話じゃなくても、好きな作品や人気作品に共通する「ストーリーの王道パターン」を元ネタにするというのは、よくあるテクニックですね。詳しくはこちら↓

A lot of light bulbs fly to the sky漫画や小説のアイデアの出し方|才能に頼らないストーリー創作の基本とは

「台詞」と「地の文」の書き方

マンガや小説・脚本など、ストーリーを形にする方法は様々ですが、共通するのは「台詞」の書き方と「台詞以外」の文章力ですね。小説の台詞以外の部分、いわゆる「地の文」の書き方は、マンガにも当てはまります。

台詞の書き方と地の文の書き方について、それぞれ詳しくまとめた記事があります。

説明台詞を避ける

台詞のタブーとして有名なのは「説明台詞」でしょう。

説明台詞とは、「登場人物が何かを説明する台詞」ではなく、「作者が何かを読者に説明したくて、登場人物に言わせている不自然な台詞」です。詳しくはこちら↓

sign-of-ban脚本・小説のセリフのタブー「説明台詞」とは?それを避ける4つのコツ

地の文の書き方

地の文は小説の、セリフ以外の部分のことですが、マンガにも応用できます。

地の文の書き方は4種類あるとされていて、その4つを上手く使いこなすことが重要です。その4つとは以下のとおりです。

  • 一人称
  • 三人称客観視点
  • 三人称一元視点
  • 三人称多元視点

詳しくはこちら↓

4-asphalt-ground小説の「地の文」の書き方は4種類!それぞれの特徴・注意点まとめ

ストーリーの味付け・小技

ストーリーを面白くするスパイス的な小技が、世の中にいっぱい出回っていますね。いくつかピックアップしてみました。

伏線の張り方

伏線は何のためにあるのか?その目的は主に、以下の2つです。

  • 伏線重視型:伏線を張った時点で、何かを予感させ、続きが気になるようにするため
  • 回収重視型:伏線を回収するときに、話の説得力を増すなどして、話を盛り上げるため

詳しくはこちら↓

2伏線の張り方|これだけ覚えれば完璧!という張り方は2つだけ

泣けるシーンの作り方

泣けるシーンを作るための王道理論は意外とシンプルです。それは「キャラへの感情移入」をさせたうえで、その「キャラが泣く」ということです。詳しくはこちら↓

みんな号泣!泣けるシーン・感動場面の作り方。その王道セオリーとは

キャラに感情移入させる方法

キャラクターに感情移入させることが大切!とよくいわれますね。そのための方法は色々ありますが、基本は以下の方法です。

「キャラの目標をはっきりさせる + その目標に共感させる」

詳しくはこちら↓

reading-book-empathy共感を呼ぶストーリーの作り方―主人公に感情移入させる方法

謎で盛り上げる

「犯人はだれ?」とか「なぜこうなったのか?」など、「謎」の答えを知りたい!というだけで、読者は続きが気になるものですね。

「謎」を提出することで読者を引き込む手法は、昔からある王道テクニックでしょう。詳しくはこちら↓

初心者でも分かるミステリーの書き方|ラノベにも応用できる基本の作り方

ストーリー作りのスランプ克服法

ストーリー作りが行き詰まる!それは、誰にでもあることだと思います。

そんなときのスランプ克服方法を、様々な参考文献から集めてみました。以下の5つです。

  • 原点に戻る
  • キャラにゆだねる
  • 批判的な目線をやめる
  • 理詰めで考えるのをやめる
  • 別の作品にとりかかる

詳しくはこちら↓

スランプに陥っている人ストーリーが作れない!行き詰った!スランプに陥ったときの脱出方法5選