ストーリーの作り方

ストーリーの起承転結とは?それぞれの意味を解説!三幕構成と比較してまとめてみた

更新日:

日本では「起承転結」にそってストーリーをまとめるのが基本だとされています。とはいえ世界的には「三幕構成」のほうが一般的です。この記事では、ストーリー作りにおける起承転結のそれぞれの意味と、三幕構成との比較についてまとめました。

本来はストーリー作りと関係ない

よく知られたことですが、起承転結は本来、ストーリーの作り方とは関係ありません。

元々は漢詩の構成理論ですね。ストーリーの構成理論としては、ちょっと邪道なわけです。漢詩の起承転結は、以下のような定義が一般的です。

第1句の起句で詩意を言い起こし、第2句の承句でそれを受け、第3句の転句で素材を転じて発展させ、第4句の結句で全体を結ぶ。

―小学館「デジタル大辞泉」(2016版)より

これだけの説明だと、ストーリーのまとめ方としては、どうしたらいいのかさっぱりですね。漢詩の理論ですから当然です。

漢詩の理論が、今ではなぜか文章やストーリー構成理論としても使われているわけです。使っているのは主に日本人だけだとは思いますが…。

起承転結のそれぞれの意味

起承転結をストーリー構成に当てはめた場合の説明について、最も一般的と思われる、小国英雄の解説を以下に引用します。

起――とは、主人公の置かれている状態、劇の説明であり、

承――は、主人公の置かれている状態にある事件が起こり、これから段々劇が展開して行く過程であり、

転――は、一つの劇のヤマ場で結果に赴く為の転化であり、

結――は、承、即ち事件とそれによって起こって転化によって出された結果である。

鬼頭麟兵「シナリオ作法考―その二十講」より。小国英雄の解説。

なんとなく後付けというか、一般的なストーリーの構成方法を、漢詩の起承転結にはめ込んだ感じですね。ハリウッドの「三幕構成」も、ほぼ同じ内容で、以下のように対応しています。

起承転結:三幕構成

  • 起:一幕
  • 承:二幕
  • 転結:三幕

三幕構成について詳しくは、以下の記事を参照してください。

3-act
ストーリーの作り方|「三幕構成」を使うと、みんなあなたの作品から目が離せなくなる?!

「三幕構成」といえば、お話を組み立てる方法の基本ですね。「三幕構成」はハリウッド映画の脚本で特に使われています。観客をひ ...

続きを見る

起:状況説明(一幕)

「起」は、前述の解説では「主人公の置かれている状態、劇の説明」とのことですが、三幕構成の「一幕」もほとんど同じ内容です。

設定や登場人物の説明をし、「承」を始めるための準備をします。ここで読者・視聴者をストーリーに引き込むことが重要とされているので、単なる説明で終わらず、続きが気になるような工夫も必要です。

三幕構成で作られたハリウッド映画は、だいたい冒頭の30分が「起」(一幕)ですから、色々な映画を参考にするとわかりやすいと思います。

承:葛藤(二幕)

「承」は「主人公の置かれている状態にある事件が起こり、これから段々劇が展開して行く過程」とのことですが、完全に三幕構成の「二幕」ですね。二幕の内容は「葛藤」です。

いわゆる「ストーリー・クエスチョン」(セントラル・クエスチョンともいう)がはっきりした時点で、二幕が始まります。

「ストーリー・クエスチョン」とは、ストーリー全体で解決すべき問題などのことで、主人公の目標だったり、解明すべき謎だったりします。

そして、その問題がすんなり解決したら面白くないので、妨害するような状況を作り、主人公が問題解決にむけてがんばる「葛藤」を生じさせます。これが「承」(二幕)です。

ストーリー・クエスチョンについては、以下の記事に詳しくまとめています。

story-question
ハリウッド式構成の基本「ストーリー・クエスチョン」もしくは「セントラル・クエスチョン」とは?

「ストーリー・クエスチョン」ってご存知でしょうか。 これはハリウッド式のストーリー構成の基本で、エンターテインメント性の ...

続きを見る

転:変化(三幕)

「転」とは「劇のヤマ場で結果に赴く為の転化」とのことですが、三幕構成では「三幕」のスタート部分にあたります。

「ストーリー・クエスチョン」として設定した問題の解決に向けて、話が大きく変化し、動いていく部分です。例えば2時間サスペンスなどで、主人公が事件解決の重大なヒントに気づいて、「それだ!」と叫んで急に走り出す、あの場面などですね。

ただ話に変化を付けるというだけではなく、「結果に赴く為」というところがポイントです。次の「結」に向けて、話に急展開を与えるということですね。

結:結果(三幕)

結は「承、即ち事件とそれによって起こって転化によって出された結果」とのことです。つまり「承」で「ストーリー・クエスチョン」として設定した問題が、「転」を経て、結局どうなるのかという「結果」の部分ですね。

「承」と「結」が繋がっているというところが重要ですね。話の最初と最後がずれていると、まとまりのない変なストーリーになってしまいます。

一時期話題になった「ドラえもん」の非公式の最終回は、この点では失敗していると思います。ドラえもんがのび太のところに「何のために来たのか」という話を見失って、ズレた場所に着地しているからです。

その点、「公式」の最終回ともいえる、コミックス6巻の「さようなら、ドラえもん」は、完璧なエンディングですよね!

藤子・F・不二雄『ドラえもん』6巻(てんとう虫コミックス)

まとめ

起承転結は、元々漢詩の構成理論ですから、ストーリーの理論としては、ちょっと邪道といえます。構成を勉強するなら「三幕構成」から勉強したほうがいいでしょう。とはいえ、この記事でまとめたとおり内容は大体同じですから、最終的にどっちを使ってもOKということですね。

今回の参考文献と参考作品

シナリオ作法考―その二十講 (宝文館叢書)

藤子・F・不二雄『ドラえもん』6巻(てんとう虫コミックス)

-ストーリーの作り方

Copyright© STOTUKU , 2018 All Rights Reserved.