ストーリーの作り方

ストーリーの作り方|「三幕構成」を使うと、みんなあなたの作品から目が離せなくなる?!

更新日:

3-act

「三幕構成」といえば、お話を組み立てる方法の基本ですね。「三幕構成」はハリウッド映画の脚本で特に使われています。観客をひきつけ、映画を最後まで楽しませる工夫の集大成のようなものです。そんな三幕構成について有名な本を根拠にまとめてみました。

起承転結と三幕構成の違い

三幕構成と起承転結はほとんど同じで、以下のように置き換えられるでしょう。

  • 起=第一幕
  • 承=第二幕
  • 転結=第三幕

日本では「起承転結」でストーリー作られることが多いですが、世界的には「三幕構成」が王道でしょう。

「起承転結」は漢詩の構成理論なので、元々はストーリーの作り方の理論ではありません。ストーリーの作り方の理論が先にあって、それを起承転結に後からはめ込んだものと思われます。ですから起承転結は、ストーリーの作り方の理論としては弱い面があります。

起承転結に関する以下の記事も参考にしてください。

ストーリーの起承転結とは?それぞれの意味を解説!三幕構成と比較してまとめてみた

日本では「起承転結」にそってストーリーをまとめるのが基本だとされています。とはいえ世界的には「三幕構成」のほうが一般的で ...

続きを見る

逆に三幕構成は、ストーリーの作り方として深く研究されているので、一幕・二幕・三幕のそれぞれでどうすべきか、くわしい理論がちゃんとあります。以下に解説します。

 一番のポイントは「主人公の目標」

三幕構成の一番のポイントは「主人公の目標」です。

主人公に何かしらの欲求とか目標、夢などがあって、観客はその目標に感情移入する。観客は、主人公が願いをかなえるところを観たいと思って、続きが気になり、ストーリーを最後まで観たくなるわけです。

たいていのマンガも、主人公に目標がありますよね。「海賊王になる!」「甲子園に出場する!」「○○君に告白する!」こういう目標を設定することが、続きが気になるストーリーの基本なんですね。

これは文字通りの「目標」という形とは限りません。とにかくストーリーがどこを目ざすのかをはっきりさせるということです。つまり、いわゆる「セントラルクエスチョン」もしくは「ストーリークエスチョン」です。その点は以下の記事にまとめています。

story-question
ハリウッド式構成の基本「ストーリー・クエスチョン」もしくは「セントラル・クエスチョン」とは?

「ストーリー・クエスチョン」ってご存知でしょうか。 これはハリウッド式のストーリー構成の基本で、エンターテインメント性の ...

続きを見る

三幕構成は、この「主人公の目標」を軸に構成されています。

第一幕:発端(30分)

ではまず第一幕で何をすべきかをまとめます。カギとなるのはやはり「主人公の目標」です。

設定を説明する

主人公の目標とか夢、欲求を、ただいきなり「俺は甲子園に出る!」みたいに説明しても面白くありません。

どういう経緯で、なぜ、なんのために甲子園に出たいのかが分かったほうが感情移入しやすいですね。

第一幕は主に「主人公の目標」をうまく表現するために、設定や状況を説明する部分です。主人公が目標を持った時点から二幕が始まるので、それまでの下準備のようなものと言っていいでしょう。

その点について、三幕構成の教科書として有名なシド・フィールド著「映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと」から以下に引用します。

第一幕は、ストーリーを立てて、キャラクターを設定し、ドラマ上の前提を示す。そして、状況を説明し、主要なキャラクターとその他のキャラクターとの関係を設定する。

シド・フィールド著「映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと」安藤紘平、加藤正人、小林美也子、山本俊亮訳より


マンガで言うと、世界観、主人公の能力や性格、他のキャラクターの性格や能力・主人公との関係性をうまく表現するということですね。

あれこれ説明しているとだらけてしまうので、「主人公の目標のために必要なこと」だけうまく伝われば十分でしょう。一幕は、2時間映画なら30分ぐらいといわれています。無駄な説明をしている余裕はありませんね。

観客がストーリーに入り込めるかどうかの分岐点

設定がよくわからなかったり、主人公の目標があやふやだったり、どうしてその目標を持っているのかが説明されなかったりすると、どうにも入り込みづらい話になります。

逆に、設定がわかりやすく説明され、主人公の目標と、どうしてそれをめざしたいのかがはっきりすれば、ぐっと入り込める。

このように一幕は、ちゃんとストーリーに入り込めるかどうかの分岐点なので、非常に重要なわけですね。

第二幕:葛藤(1時間)

第二幕は映画の約半分の時間を使いますが、やることはシンプルで「葛藤」のみです。

主人公の目標を阻む逆境が次々に襲う

二幕から、主人公は夢や目標に向かってがんばるわけですが、順調に目標に近づくだけでは面白くありません。

甲子園に行きたいのに、校長が野球嫌いで妨害してくるとか…メンバーが集まらないとか…いろいろな障害があったほうが、続きが気になります。

ですから二幕では、主人公の目標を邪魔する「逆境」のようなものを設定して、それに主人公が立ち向かう「葛藤」を描きます。

こういう「逆境」って、続きを気にならせる常套手段ですよね。「えー?!野球部が廃部?!」とか「明日から大事な試合なのに、エースが交通事故に?!」とかいうくだりで「来週に続く!」なんてされたら、来週が楽しみで仕方ないです。

第三幕:解決(30分)

起承転結でいうと「転と結」

三幕の内容は「解決」だといわれていますが、前述のとおり起承転結の「転と結」といえばわかりやすいかもしれません。

とにかく映画の最後の30分ぐらいで、ストーリーが今までと違う方向に進みます。「違う方向」というのはどういうことか?それはやっぱり最初に設定した主人公の目標や夢についてです。

主人公の夢や目標がちょっと変わったり、目標は同じでもスタンスが変わったり…色々ですね。こればっかりは様々な映画の後半30分を分析して、実例をたくさん観るしかないかもしれません。

「2時間の映画は1時間30分あたりで何かが変わる」ということを意識して観てみると、どこから三幕が始まったかすぐにわかると思います。

飽きさせないためにも重要

なんでストーリーを違う方向に進めなきゃいけないのか?その理由の一つは「飽きさせないため」でしょう。

二幕が始まってからちょうど1時間ぐらい葛藤を続けてきましたから、人間の集中力もそろそろ限界です。ここで気分を変えないと飽きちゃいます。そこでストーリーを違う方向に進める!ということが必要というわけです。

三幕構成は「最後まで飽きさせないしくみ」

「三幕構成って、結局何なの?」ときかれたら、「観客をストーリーに入り込ませ、最後まで飽きさせないしくみ」だといえると思います。

一幕で主人公の目標がしっかり設定されて、観客はそれに感情移入し、「こいつの願いがかなって欲しい」と思いつつ、続きが観たくなります。

二幕で主人公が色々と葛藤する姿を観て、目が離せなくなります。

三幕で、ストーリーが意外な方向に進んで、ますます目が離せなくなります。

三幕構成や起承転結などの「形式に囚われるのは嫌だ!」という意見もあると思います。確かに「囚われる」のはよくないにしても、面白い話を作るための「手段」として利用しない手はないでしょう。

この記事の参照資料

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術

-ストーリーの作り方

Copyright© STOTUKU , 2018 All Rights Reserved.