作画ソフト・ガジェット

イラスト用ソフトの比較まとめ・おすすめ紹介―まずは種類の違いから

投稿日:

PCディスプレイとペンタブレットーイラストソフト

イラストを描くためのソフトは色々ありますが、どれを選べばいいのでしょうか?この記事では、まずイラスト用ソフトの種類を3つ解説し、どんな機能が重要なのかを説明しています。そしておすすめのソフトもまとめました。

イラスト用ソフトの種類

画像データを編集するソフトはいろいろありますが、イラスト用として分類できるのは、主に3種類です。それぞれの特徴を知って、自分の用途にあったものを選ぶ必要があります。

ペイントソフト

ペイントソフトとは、いわゆる「ラスター形式」のデータを扱うソフトです。「ラスター形式」とは、ドットの集まりとして画像を扱う形式で、Windowsに最初から入っている画像編集ソフト「ペイント」のようなタイプですね。

有名な「Photoshop」もラスター形式なので、ペイントソフトに分類できます。

「ペイント」という呼び名のとおり、筆で色を塗り重ねていくような描き方に向いているソフトですが、ペン入れなどで「輪郭線」を描いたり、直線や四角形などの単純な「図形」を描いたりするには不向きです。

主なペイントソフトについては、以下の記事にまとめています。

PCディスプレイとペンタブレットーペイントソフト
ペイントソフト比較まとめ|マンガ・イラスト用に使える?重要な機能を比較

パソコンで絵を描いたり、画像を編集したりするのに使う「ペイントソフト」は色々ありますが、どれを使ったらいいのでしょうか。 ...

続きを見る

ドローソフト

ドローソフトは「ベクター形式」のデータを扱うソフトです。「ベクター形式」とは、画像を、点と線、面の集合として表す形式です。代表するソフトはAdobeの「Illustrator」ですね。

直線や、きれいな曲線、四角形や円などの単純な図形を描くのに適していますので、直線を大量に描いたり、ロゴデザインなどでシンプルな曲線をきれいに描いたりする時に威力を発揮します。

「ペン入れ」つまりイラストの「輪郭線」を描くのに大変便利な形式です。ベクター形式で描いた線は、ひものようにずらしたり、ワンタッチで太さや色を変えたりなど、修正がとても楽です。

一方、ペイントソフトのように色をいくつも重ねて塗っていく描き方には向いていません。

ハイブリッドタイプ

つまり色塗りには「ペイントソフト」で、ペン入れには「ドローソフト」が向いているわけですが、カラーのイラストを描くなら両方必要なことが多いでしょう。

そんなニーズに応えるような、ペイントソフトとドローソフトの「良いとこどり」をしてくれている、ハイブリッドなソフトがあります。

日本のマンガやアニメ、イラスト業界のために開発されたソフトで、「SAI」や「CLIP STUDIO PAINT」などがそうです。ペイントソフトのような色塗り機能と、ドローソフトのようなペン入れ機能の両方を備えています。

マンガやアニメ風のイラストを描くなら、このタイプを使うのが断然おすすめです。ハイブリッドタイプの主なソフトは、記事の後半で紹介していま

イラスト用として必要な機能は?

ベクター形式のペン入れ

イラストを描くときに「輪郭線」が基本になることが多いですね。ベクターペン入れは、輪郭線を描くために重要な機能です。

ベクターペン入れで描いた線は、あとから修正するのが簡単ですし、拡大縮小してもぼやけないという特徴があります。デジタルでイラストを描くために不可欠といってもいいでしょう。

ベクターペン入れについて詳しくは以下の記事にまとめています。

compare-two
有料のイラストソフト・アプリは無料ソフトと何が違う?おすすめ理由とおすすめ一覧

イラストを描くためのソフトは、無料でも多機能なものがあるので、無料ソフトで十分だ!という人もいるでしょう。 とはいえ、や ...

続きを見る

直線など図形の描きやすさ

建物やインテリアなど、イラストの背景を描くときに、「直線」や「四角形」などの図形を大量に描く必要がありますね。

それは前述のとおりドローソフトの得意とする分野ですが、ペイントソフトでも、できないわけではありません。特に「直線」が描きやすいかどうかが重要なので、ソフトを選ぶときによく見極める必要があります。

パースの機能

パース系の機能とは、特定の「消失点」に向かって線を引くための機能です。

アナログの場合は、消失点に「×印」をつけたり、画びょうを刺したりして、定規を回しながら描きますが、デジタルではそういうことができません。イラストの背景を描くには不可欠の機能ですね。

色の塗りやすさ

色を塗りやすいかどうかも、重要なチェックポイントです。

イラストでは、特定のエリアを「はみ出さずに塗りつぶす」場面が多いですが、そのための便利機能が充実しているソフトと、そうでないソフトがあります。

また、色鉛筆風・油絵風・水彩画風など、筆(ブラシ)ツールが充実しているかどうかも重要です。

主なイラストソフトの機能比較

主なイラストソフトのうち、「ドローソフト」と「ハイブリッドタイプ」だけを紹介します。

前述の「ベクター形式のペン入れ」ができるのは、基本的にここに挙げる4つのソフトだけですから、輪郭線のあるイラストを描くなら、この中から選ぶのが賢明でしょう。

CLIP STUDIO PAINT PRO

ベクターペン入れ
図形の描きやすさ
パース機能
色の塗りやすさ

価格:5,000円(税込)/一括

マンガ・アニメ風のイラストを描くためのソフトとして、機能の多さではトップクラスですね。分類としては「ハイブリッドタイプ」です。

日本のマンガ・アニメのプロの現場にも導入されるレベルのソフトですから、色の塗りやすさはダントツです。図形ツールもあり、パース機能は消失点を3つまで設定できます。

ベクターペン入れができるソフトで、マンガのコマ割り機能や、トーンの機能が充実しているのはこのソフトだけなので、マンガや白黒のイラストを描くならこのソフト一択でしょう。

上位モデルの「EX」と、下位モデルの「PRO」の2種類がありますが、「EX」はマンガやアニメ用で、イラスト用は「PRO」という分け方です。

Illustrator

ベクターペン入れ
図形の描きやすさ
パース機能
色の塗りやすさ

価格:2,180円(税別)/月

世界的に有名な「Adobe」(アドビ)のソフトですね。Adobe の「Photoshop」はペイントソフト、「Illustrator」はドローソフトです。イラストを描くならこちらでしょう。

CLIP STUDIO PAINTと違って、ベクター形式だけの「ドローソフト」です。

マンガ・アニメ風のイラストも描けないことはありませんが、CLIO STUDIO PAINTと比べてしまうと若干の不便さがあります。マンガ・アニメ風だけでなく様々なイラストに対応した汎用ソフトという位置づけですね。

昔はすごく高価なソフトという印象でしたが、最近は月額利用もできるようになりました。

Painter

ベクターペン入れ
図形の描きやすさ
パース機能
色の塗りやすさ

価格:53,784円(税込)/一括

世界でイラスト用ソフトといえば前述の「Adobe」か「Corel」(コーレル)が2大トップといえるでしょう。

Corel の「Painter」は、Adobe の「Photoshop」と「Illustrator」を合体させたようなソフトで、ハイブリッドタイプとしてはトップクラスの性能を持っています。

とはいえ、日本のマンガ・イラスト業界ではあまりメジャーではなく、日本語での解説ページがネットにあまり出回っていないという弱点があります。あえてチャレンジして開拓してみるのも面白いかもしれませんね。

SAI

ベクターペン入れ
図形の描きやすさ × 機能なし
パース機能 × 機能なし
色の塗りやすさ グラデーション塗りができない

価格:5,400円(税込)/一括

こちらはCLIP STUDIO PAINTと同じようにハイブリッドタイプです。機能はかなり限定されていますが、操作方法がシンプルなので、初心者向きのソフトと言えます。

CLIP STUDIO PAINT PROよりも少しだけ高いので、メリットは「操作の簡単さ」しかないですね。ちなみにWindowsにしか対応していません

まとめ

パソコンでイラストを描くには、ペイントソフトの「ラスター形式」だけでなく、「ベクター形式」も活用したほうが便利な場面がたくさんあります。

イラスト用のソフトは、その2つの形式を両立できる「CLIP STUDIO PAINT PRO」などのハイブリッドタイプがおすすめです。

-作画ソフト・ガジェット

Copyright© STOTUKU , 2019 All Rights Reserved.