制作ソフト・ガジェット

マンガ制作用デジタル作画ソフト・アプリ比較まとめ―4つの重要な機能を比較!

投稿日:2017年7月31日 更新日:

デジタルでイラストを描くソフト・アプリは沢山ありますが、

この記事では、マンガを描くために重要な4つの機能について、主なマンガ制作ソフトを比較して、おすすめ順に並べています。

Photoshopなど、マンガ作成用ではない汎用ソフトも比較しています。

重要な機能

まず、マンガを描くために重要な機能をまとめました。

ワク線

ワンタッチで簡単にマンガのワク線を引いて、コマ割りができる機能。これがないと、かなり作業効率が悪くなる。

テキスト入力

セリフなどの文字を入力する機能。SAIなどのイラスト制作ソフトの中には、この機能がないものがある。

ベクターペン入れ

一度描いた線を、ひものように動かしたり、強弱を調整したり、太さを変えたりできる特殊なペン入れ。

解像度を変えても劣化しないという特徴がある。デジタルでマンガやイラストを描く際、あったら便利な機能。

パース定規・集中線

背景や集中線を描くのに不可欠な機能。

アナログでは、消失点に画びょうを刺して、定規を当てて線を引く…あの技法をデジタルでやるような感じ。

設定すると、消失点に収束する線だけが引けるようになる。

複数の消失点を設定したり、アイレベルを設定できる。

似たような機能で、「集中線」という機能もある。

 

以上4つの機能の有無を基準に、マンガ制作ソフトを比較してみます。

1位:CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)

機能・特徴

機能  有無 備考
ワク線  〇  
テキスト入力  〇 各種マンガ用フォントが使える
ベクターペン入れ  〇  
パース・集中線  〇 4つまで消失点を設定可能

すべての機能が充実していますね。

特に「ベクターペン入れ」ができるマンガソフトはこれだけです。「Illustrator」と「SAI」でも可能ですが、マンガ用のソフトではないので、「ワク線」機能がありませんし、「SAI」に至ってはテキスト入力も出来ません。

あと、3Dモデルの機能があるのが特徴ですね。

この機能を使えば、3Dデッサン人形みたいなものを画面に表示させながら、その上から描けるので、かなり便利です。

ちなみに「Comic Studio(コミックスタジオ)」は、このソフトの旧バーションです。

価格・グレード比較

  • CLIP STUDIO PAINT PRO 
    [ダウンロード版]5000円(税込)
    [パッケージ版]9000円(税込)

  • CLIP STUDIO PAINT EX 
    [ダウンロード版]23000円(税込)
    [パッケージ版]36500円(税込)
    [バリュー版]500円/月(税込)

イラスト用の「CLIP STUDIO PAINT PRO」と、マンガ用の「CLIP STUDIO PAINT EX」があります。EXのほうが機能が多いです。

前述した重要な機能は、両方とも搭載しています。EXだけにある機能の一覧は以下の通りです。

  • 複数ページの管理・印刷・書き出し
  • LT変換:写真、画像や3Dデータを線画と色面やトーンに自動変換
  • 共同制作の管理
  • プラグイン:さまざまなフィルターを組み込める
  • ストーリー作成支援:セリフを一括して編集
  • 入稿支援:同人誌やZINEなどの印刷会社への入稿用データの作成
  • プロ向けアニメ制作
  • 3D素材を配置時に同時に4方向から確認
  • Kindle・EPUBフォーマットの出力
  • ネーム制作アプリ「Wacom Manga Canvas」との連携

詳しくはコチラ↓

2位:MediBang Paint(メディバンペイント)

価格:無料

機能・特徴

機能  有無 備考
ワク線  〇  
テキスト入力  〇 各種マンガ用フォントが使える
ベクターペン入れ  ×  
パース・集中線  △ 消失点を1つしか指定できない

iOS・Androidアプリもあるので、スマホ・タブレットでも使えます。

パースは、2本の線を引くことで、消失点を自動生成できます。1つの消失点しか作れませんが、1点透視で描くだけなら、使いやすいかもしれません。

ちなみに、ジャンプとコラボした「ジャンプペイント」というバーションもありますが、ちょっとしたおまけがついているだけで、機能は同じです。

詳しくはコチラ↓

メディバンペイント

3位:ComiLabo(コミラボ)

価格:5800円(税込)

機能・特徴

機能  有無 備考
ワク線  〇  
テキスト入力  〇  
ベクターペン入れ  ×  
パース・集中線  〇 3点透視まで可能

ベクターペン入れがないこと以外は機能が充実しています。

とはいえ「CLIP STUDIO PAINT PRO」のダウンロード版より高いですから、これを選ぶ意味がほとんどありません。

なんとなくサポート終了しそうな気配もあります。

詳しくはコチラ↓

ComiLabo(コミラボ)

 

その他・汎用画像編集ソフト

マンガ用ではない画像編集ソフトは、ワク線などの機能がありませんので、マンガを描くためには使いにくいと思います。

補助的に使ったほうがいいでしょう。

以下に簡単にまとめてみました。

Photoshop

価格:月980円[フォトプラン]

機能  有無 備考
ワク線  ×  
テキスト入力  〇  
ベクターペン入れ  ×  
パース・集中線  × パース変形はできるが、パース定規はできない

写真を加工してカラーの背景を作ったりするには、ダントツで機能が充実しています。

Adobe「Photoshop」公式サイト

Illustrator

価格:月2180円[単体プラン]

機能  有無 備考
ワク線  ×  
テキスト入力  〇  
ベクターペン入れ  〇  
パース・集中線  〇  

Adobe「Illustrator」公式サイト

SAI

価格:5400円(税込)

機能  有無 備考
ワク線  ×  
テキスト入力  ×  
ベクターペン入れ  〇  ベクターペン入れの機能は充実している
パース・集中線  ×  

「SAI」公式サイト

GIMP

価格:無料

機能  有無 備考
ワク線  ×  
テキスト入力  △  縦書きがやりにくい
ベクターペン入れ  ×  
パース・集中線  ×  

GIMP公式サイト(英語のみ)

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-制作ソフト・ガジェット

Copyright© STOTUKU , 2017 AllRights Reserved.