作画ソフト・ガジェット

有料のイラストソフト・アプリは無料ソフトと何が違う?おすすめ理由とおすすめ一覧

投稿日:

compare-two

イラストを描くためのソフトは、無料でも多機能なものがあるので、無料ソフトで十分だ!という人もいるでしょう。

とはいえ、やはり有料ソフトにしかない優れた機能が沢山あります!この記事では、有料のイラストソフトは、無料ソフトと何が違うのかについてまとめました。おすすめの有料ソフトも紹介しています。

有料ソフトはココがすごい!

有料ソフトの優れた点は、色々ありますが、特に「有料ソフトにしかない!」といえる機能に絞って解説します。

ベクターレイヤーでペン入れ・線画

有料のイラストソフトにしかない機能で、特に便利なのは「ベクターレイヤーでのペン入れ・線画」です。

操作方法は、基本的に普通のペン入れと同じですが、保存形式が特殊なので、線を修正しやすいという特徴があります。以下、くわしく解説します。

ベクターレイヤーは修正が簡単!

「ベクターレイヤー」で描いた線は、修正がとても簡単です。例えば以下の左側の黒い線を、赤い線の位置に修正して、右側の状態にしたいとしましょう。

 

vector-format-line-before-after

 

ベクターレイヤーじゃない場合、線を一旦ほとんど消さないと修正できませんが、ベクターレイヤーの場合は線を消さなくても簡単に修正できます。

ベクターレイヤーの線画なら、線をクリック&ドラッグするなどして、ひものようにずらして修正するだけで完了です。

また、線の太さや強弱の変化、線の色の変更などの操作が一瞬で可能です。はみだした部分を自動的に検知して、ワンタッチではみだしを修正できるソフトもあります。

「ベクターレイヤー」はかなり便利なので、デジタルでのペン入れ・線画はおそらくこれ一択じゃないでしょうか。

ベクターレイヤーとは

ベクターレイヤーとは、「ベクター形式」で保存されたレイヤーです。

ベクター形式では、描かれた線をドット(ピクセル)の集まりではなく、「線」として保存します。そのため、ひものようにずらしたり、太さを変えるなどの変形が簡単なわけです。

ちなみに「ベクター」は「Vector」と書くので、つまり数学で登場する「ベクトル」ですね。

ベクター形式では、線をいわば数学の関数のような形で保存しますので、正確な円や、きれいな曲線・直線を引くのにも適しています。また、数値を少しいじるだけで、円の直径を変えるなどの操作ができますから、修正も簡単なわけです。

ちなみに、線をドット(ピクセル)の集まりとして保存する一般的な画像形式は「ラスター形式」といいます。

多彩なフィルター

背景などを描くためには「フィルター機能」が充実している必要があります。

デジタルでイラストの背景を描くために、写真を加工して使うという手法が一般的です。

手抜きで写真をそのまま使うということではなく、写真にフィルターをかけて加工したり、沢山の写真を切り貼りしたり、描きこんだり変形させたりなど、写真を画材のひとつとして利用するイメージです。

写真を自由自在に扱うためには、多彩なフィルター機能が不可欠です。

写真を背景に加工する方法については、以下のサイトの記事を参考にしてください。

おすすめ有料イラストソフト

では、以上に紹介した便利な機能「ベクターレイヤーのペン入れ・線画」と「多彩なフィルター」が使える、おすすめ有料ソフトを紹介します。

CLIP STUDIO PAINT PRO

  • 価格:5,000円(税込)/一括
  • ベクターレイヤーのペン入れ:〇
  • フィルター機能:〇

CLIP STUDIO PAINT PRO(通称クリスタ)は、有料イラストソフトの定番ですね。ベクターペン入れと、イラストに必要なフィルター機能がひととおりそろっています。

また、マンガ用のワク線を引く機能があるのは、有料イラストソフトとしてはおそらくクリスタだけなので、マンガも描くならこれ一択でしょう。

ちなみに、上位版の「CLIP STUDIO PAINT EX」なら、写真を白黒マンガの背景に加工する機能や、複数ページの管理など、マンガ制作用としての機能が豊富です。

イラスト用ではなく、マンガ制作用として買うなら「EX」がおすすめです。「EX」を使って写真を背景にする方法については、以下のサイトの記事を参照してください。

SAI

  • 価格:5,400円(税込)/一括
  • ベクターレイヤーのペン入れ:〇
  • フィルター機能:×

ペイントツールSAI(サイ)は、イラストソフトの定番で、ベクターレイヤーのペン入れの使いやすさには定評があります。

ただ、フィルター機能がないので、背景を描くには他のソフトが必要でしょう。おすすめは、次に紹介する「Photoshop」との併用です。

Adobe Photoshop CC

  • 価格:980円/月(フォトプラン)
  • ベクターレイヤーのペン入れ:×
  • フィルター機能:◎

Adobe Photoshop(アドビ・フォトショップ)は、「フォト」と名前にあるとおり、写真・画像を加工する機能がすぐれたソフトです。

ベクターレイヤーでのペン入れは不可で、イラストを描くためには不向きですが、イラストの背景を描くためには最適なソフトでしょう。

フィルター機能の豊富さと優秀さはトップレベルです。

まとめ

有料のデジタル作画ソフトは、「ベクターレイヤーのペン入れ・線画」機能と、多彩なフィルター機能があるので、無料のソフトよりも優れています。

1つのソフトで済ませるなら、オールマイティーな「CLIP STUDIO PAINT EX」がおすすめです。

いいとこ取りで併用させるなら、ベクターペン入れが得意な「SAI」と、フィルターがすごい「Adobe Photoshop CC」の2つを併用するのもいいでしょう。

-作画ソフト・ガジェット

Copyright© STOTUKU , 2018 All Rights Reserved.