カメラを構える女性

デジタルマンガの描き方 画力アップのコツ

写真を使って風景・背景を描く方法。トレースは邪道!基本は処理+描き込み!

投稿日:2015年11月10日 更新日:

写真を使って描くといえば「トレース」をイメージするかもしれません。

とはいえ「トレース」って一番めんどくさいし、写真を使う手法としては、どちらかというと邪道だと思います。

この記事では、写真を使って背景・風景画を描く方法の基本について、まとめています。

トレース(トレス)とは

一応、ここでいう「トレース(トレス)」の定義をしておくと、

写真をなぞって、「線画」を作ることですね。

アナログ時代は「トレース台」などを使って行われていました。

というか、自分の感覚でなぞるわけですから、かなりアナログな手法です。

デジタルが発達した現代でも、「写真を使って絵を描く=トレース」みたいに言うのは違和感があります。

背景が楽しくなる+新しい可能性

背景が苦手な人も、もしかしたら、今回紹介する方法なら楽しめるかもしれません。

私も背景が苦手でした。下描きがめんどくさいからです。トレースもめんどくさい。

でも、今回紹介する方法なら、面倒な下描きやトレースから解放された感じで、背景を楽しく描けています。

楽しいとか、楽ができるというだけでなく、新しい表現が可能になる気がしています。以下、その方法を解説します。

「写真を処理+描き込み」が基本

写真を処理しただけで背景が作れる

画像編集ソフトを駆使すれば、写真を処理・加工しただけでも、ちゃんとした背景が作れます。

白黒でも、カラーでも大丈夫です。詳しい方法は、渋谷理さんの以下のページを参照。

白黒:Photoshopで写真を簡単に印刷対応の白黒マンガの背景に加工する方法メイキング

カラー:Photoshopなどで写真を簡単にアニメ・イラスト風カラー背景に加工する方法メイキング

 

輪郭線を描くことでさえ、ある程度は自動でできます。自動でどこまでできるのかを知るのがスタートですね。

描き込むことで自分の味を出す

画像処理しただけだと、どうしても多少は機械っぽくなります。自動には限界がある。

そこで大抵のクリエーターは、加工した写真の上から描き加えることで、自分の味を出しています。

処理した写真を「下描き」として使うわけですね。

このように「写真を処理+描き込む」というのが、写真を使って背景を描く基本だと思います。

トレースは「下描き」ではなく「描き込み」

「描き込み」の一環として、味のある「線画」を加えたい時に「トレース」をする。

…これが、トレースの役割ですね。つまり、下描きではなく本番。

下描きとしてトレースをするのは全く意味がないと思います。下描きは写真を加工するだけで十分です。

写真を使って背景を描いているクリエーターの実例

白黒編:浅野いにお

NHK「浦沢直樹の漫勉」2015年9月18日の放送で、マンガ家「浅野いにお」の作画方法が紹介されました。写真を使って背景を作る様子が、結構詳しく撮影されています。

トレースではなく、写真を画像編集ソフトで処理したものを印刷し、アナログの線を加えるといった方法です。

 

カラー編:新海誠

アニメ監督「新海誠」の作品は、デジタル技術を駆使した背景美術が美しいことで有名ですね。

写真を処理したものをベースにしているとはいえ、そうとう描きこんでいる印象です。

写真に写っていないものを、かなり描き加えたり、光を当てたり、影を増やしたり…、もはや写真の原型をとどめていない感じです。

写真を処理するためのソフト

おすすめは、やはり、言わずと知れた「Photoshop」でしょう。

写真の処理という点での性能は抜群ですし、色々なノウハウがネットに転がっているというメリットもあります。

今では月額制で利用できるようになっており、「フォトプラン」なら980円/月で利用できます(いい時代になりました…)。

月額制なら、常に最新版を利用できます。技術がめまぐるしく発展していっているので、おすすめの利用方法です。→「フォトプラン」詳細

写真は自分で撮るかフリー素材を使う

写真は、自分で撮影するか、著作権フリー素材を探しましょう。

著作権フリーといっても、「加工OK」「クレジット不要」の、いわゆる「パブリックドメイン」の素材じゃないと危険です。

「パブリックドメイン」については、別の記事を参照:フリー素材を使ったのに訴えられる?!著作権フリー素材を使う際の注意点まとめ

まとめ

写真を使って背景を描く基本は、以下の通りです。

  1. 写真を画像処理する
  2. 処理した写真の上から、自分のタッチで描き加える

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-デジタルマンガの描き方, 画力アップのコツ

Copyright© STOTUKU , 2017 AllRights Reserved.