デジタルマンガの描き方

デジタルでマンガを描く方法|初心者にもわかる!デジタル作画の始め方

更新日:

tablet-make-manga

デジタルでマンガを描くといっても、いくつかの方法があり、それによって必要なものが異なります。

この記事では、デジタル作画の始め方を紹介しています。まず前提として、デジタルでマンガを描くことにはどんなメリットがあるのかを説明しています。

そして、デジタル作画の2つの種類と、必要なソフトや道具の選び方をまとめました。

デジタルでマンガを描くメリットは?

現代では、アナログだけでマンガを描いている人は少数派かもしれません。

若者だけでなく、多くの大御所マンガ家達の中にも、デジタルを導入する人が増えています。

なぜデジタルを導入するのでしょうか?メリットは何でしょうか?

デジタルならではの表現ができる

デジタルでマンガを描く場合、デジタル作画用のソフトを使って、アナログでは不可能な表現が可能です。

アナログと比べて、表現の幅がかなり広がると言ってもいいでしょう。例えば、以下の点で、アナログには不可能な表現ができます。

  • 「ブレ」の表現
  • 「ぼかし」の表現
  • 半透明の表現
  • 光の表現
  • オリジナルトーンの作成

詳しくは、以下の記事にまとめています。

ONE作、村田雄介画「ワンパンマン」より
デジタルマンガの描き方|デジタルならではの表現とは?「スピード線」はもう古い!?

デジタル技術を使ってマンガを描く人が増えてきました。 せっかくデジタルで描くので「デジタルならではの表現」を、積極的に使 ...

続きを見る

作業の効率化

デジタルでの作画は、慣れないうちは余計な時間がかかるかもしれませんが、慣れればかなりの時間短縮になり、作業効率がアップします。

例えば、以下の作業を簡単に行うことができます。

  • 修正・元に戻す作業
  • コピ&ペースト
  • トーン貼り、ベタ塗り作業
  • 背景を描く作業

デジタル作画によって、どのように作業効率がアップするかについて詳しくは以下の記事にまとめています。

ペンタブレットの中に「SPEED UP!」と書かれている
デジタルマンガの描き方|デジタルのメリットは時短―作業効率が劇的にアップ!

アナログでマンガを描いてきた人も、デジタルを導入する人が増えていますね。デジタル作画には様々なメリットがあるからでしょう ...

続きを見る

デジタル作画にも色々ある

デジタルでマンガを描くといっても、大きく分けて2つの方法があります。「デジタルとアナログの併用」と「完全デジタル」の2つです。

デジタルとアナログの併用

デジタル作画と言っても、すべてデジタルにする必要はありません。デジタルとアナログを併用しているプロ作家も多くいます。

併用する方法は様々ですが、例えば、下描きはアナログで描いて、ペン入れや仕上げはデジタルで作画するという方法があります。逆に、デジタルで背景などを作って印刷し、人物などのペン入れや、全体の仕上げはアナログでやるという人もいます。

アナログで描いたものをデジタルで仕上げる場合は「スキャナー」が必要で、逆にデジタルで作ったものにアナログで描き込みたい場合は「プリンター」が必須です。

完全デジタル

紙を使わずに、すべてデジタルで作画するというマンガ家もいます。この場合、「板タブ」でやるのは大変でしょう。

「板タブ」とは、画面とペン入力が別々になっているタイプのペンタブレットです。「板タブ」は、自分のイメージ通りの線を引くのが難しいので、ペン入れや下描きなど、かなりの精密さを求められる作業に不向きです。

「物心ついた時から板タブで描いてきた!」みたいなニュータイプなら大丈夫だと思いますが、紙で練習してきた人にとって、ペン先とは別の場所に線を引くというのは、どうしても多少の違和感が残るでしょう。

完全デジタルで描いている人のほとんどは、画面とペン入力が一体化した「液タブ」を使っていると思います。そして「液タブ」でも違和感がある!という人は、ペン入れはアナログでやるなど、アナログとの併用に落ち着くわけですね。

作画ソフトを選ぶ

イラストを描くためのソフトや画像編集のためのソフトは沢山ありますが、「マンガ用」となると、数が限られています。

マンガ用ではないソフトでも描けないことはありませんが、枠線やペン入れなどに必要な機能がなく、かなりの手間がかかってしまいます。

マンガ用ソフトは主に2つ

2018年現在のマンガ用ソフトは、以下の2つだけといってもいいでしょう。

  • CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)
  • MediBang Paint(メディバンペイント)

ほとんどの人は「CLIP STUDIO PAINT」を使っていると思います。マンガ用のソフトとして名高い「Comic Studio」(コミックスタジオ)の最新版です。

お金をかけたくない人は無料の「MediBang Paint」でも、ある程度は使えますが、ペン入れの機能が弱いです。この点の詳しい解説は、以下の記事にまとめていますので参照してください。

no image
マンガ制作用デジタル作画ソフト・アプリ比較まとめ―5つの重要な機能を比較!

デジタルでイラストを描くソフト・アプリは沢山ありますが、この記事では、マンガを描くために重要な5つの機能について、主なマ ...

続きを見る

ペンタブレットを選ぶ

まずは「板タブ」か「液タブ」かを決めましょう。それによって、後述するPCの選び方も変わってくるからです。

液タブとPCが一体化した「タブレットPC」という手もあります。

板タブ(ペンタブレット)

「板タブ」とは、前述のとおり、タブレットと画面が別々になっているタイプのペンタブレットです。単に「ペンタブレット」と呼ばれることもあります。

価格は後述する「液タブ」と比べてかなりリーズナブルで、相場は9,000円~50,000円程度です。

ペン入れや、細かい下描き以外の作業なら、これでも十分便利に使えるでしょう。アナログと併用する人におすすめです。

液タブ(液晶タブレット)

液晶タブレットは、ペン入れや下描きなどをデジタルでやりたい場合、必須と言ってもいいでしょう。

相場は少し値が張って、13万円~30万円ほどです。

最近では中国製で格安の液タブも出回ってきており、5万円程度で購入することも可能です。ただし性能が良くない製品もあるので、よく選ばなければいけません。

以下の記事に、格安の液タブのAmazonレビューをまとめているので、参考にしてみてください。

no image
ワコム以外の格安液晶ペンタブレットはどれがいいの?みんなのレビューまとめ

最近、6万円ぐらいで買えるような、格安の液晶ペンタブレットの人気が出てきていますね。 格安の液タブはすべて中国メーカーな ...

続きを見る

タブレットPCという手もある

液タブは、iPadなどの「タブレットPC」が普及する前の時代からの道具です。iPadの発売以後、「タブレットPCで絵を描く」という、第3の選択肢ができました。

持ち運びがしやすいため、喫茶店など、外で作業したい人には大変便利ですね。

タブレットPCは、液晶タブレットとPCを一体化したものなので、PCの性能が低いと、ペンの反応や追従が悪くなり、ペンタブレットとしての性能も悪くなります。

基本的に、かなりスペックの高いものでないと、使い物にならないことが多いです。詳しくは、以下の記事を参照してください。

no image
液晶ペンタブレットの選び方|タブレットPCと液晶タブレットの比較と,それぞれのおすすめまとめ

ハイスペックなタブレットPCなら、液晶タブレットとして十分使えます。昔ながらの「液晶ペンタブレット」は不要になったのでし ...

続きを見る

PCを選ぶ

PCのスペックがどれほど必要かは、扱う画像の大きさや、使用するソフトによって異なります。以下のとおりです。

  • 大きい画像を扱いたい→大容量のメモリが必要
  • フィルターや3Dなどの高度な機能を使いたい→高性能なCPUやGPUが必要

大容量のメモリ

デジタルで絵を描く場合、例えばLINEスタンプのように小さい画像を作るとしても、原画は大きな画像で描いたほうが、細かい部分を描き込むことができます。

大きい画像を扱うためには、大容量のメモリを搭載したPCが必要になります。最低でも8GBは必要でしょう。

高性能のCPUやGPU

また、フィルター機能や、3D系の機能を使う場合は、PCの「処理能力」が優れていないと、処理にかなり時間がかかってしまいます。そのため、高性能なCPUやGPU(グラフィックボード)が必要です。

フィルター機能は、写真を背景イラストに加工するときなど、様々な場面で必要になります。3D系の機能は、例えば背景に3DCGを使う場合や、登場人物のポーズの参考に3D人形を使うときなどに必要です。

ただ、性能に比例してお値段がぐっと上がりますので、安いPCから始めて、不満を感じたらグレードアップするというのもありでしょう。

高性能なPCをお得に買うには?

高性能なPCを普通に家電量販店で買うと大変高額になります。

自分でPCを組めるような人が、一番お得に高性能なPCを手に入れることができると思いますが、パソコンが組めない人は「ドスパラ」などのBTO(Build to Order)で購入するのがおすすめです。

BTOなら、受注生産でカスタマイズが自由にできるので、高性能なパソコンを、安価に購入することができます。

PCのスペックや購入方法について、詳しくは以下の記事も参考にしてください。

pc-painting
デジタルでマンガを描くために必要なPCスペックは?おすすめを紹介!

デジタルでマンガを描くためには、それなりに高い性能のPCが必要です。とはいえ、スペックの高いPCを家電量販店で探すのは大 ...

続きを見る

ディスプレイを選ぶ

板タブで描く場合はディスプレイ(モニター)が必須ですし、ディスプレイの性能も重要です。ディスプレイの良し悪しが、作業のしやすさに影響します。

カラーで描く場合は特に、ディスプレイの性能が悪いと、作品の仕上がりに影響することもあります。

液タブの場合は、液タブ自体がディスプレイの役割を果たすので、別のディスプレイを買う必要はありませんが、あったほうが何かと便利な場合もあります。

ディスプレイを選ぶ上で、性能に関する重要なポイントは以下のとおりです。

  • 画面が大きいこと
  • 発色がいいこと
  • 視野角が広いこと
  • 反射しないこと(ノングレア)

画面が大きいこと

画面が大きいほうが、作業がしやすくなります。

小さい画面は、細かい部分が描きにくいので、拡大縮小して描く頻度が多くなって面倒です。そのせいで作業効率が悪くなりますね。

マンガ・イラスト用のディスプレイは、なるべく大きい画面のほうがいいでしょう。

発色がいいこと

ディスプレイの発色が変だと、描いているときは良い色だと思っても、他の人の正常なディスプレイで表示したときに、変な色で表示されてしまいます。

もちろん、発色の悪いディスプレイでも、設定を調整すればある程度は改善できますが、できれば発色の良いディスプレイを選んだほうがいいでしょう。

これは製品のスペック情報を見てもよくわからないので、レビューなどを見るしかありません。

発色が良くて有名なメーカーは「EIZO」(エイゾー)ですね。

視野角が広いこと

視野角が狭いディスプレイは、見る角度が少し違うだけで、色の見え方がかなり変わってしまいます。

例えば「猫背で描いた時と、背筋を伸ばして描いた時で、色が違う!」という事態も起こりえます。

そういう事態を防ぐために、絵を描くためのディスプレイは、なるべく「視野角」が広いものを選んだほうがいいです。

反射しないこと(ノングレア)

絵を描くためには非光沢(ノングレア)のディスプレイがいいと言われています。

ぴかぴかした光沢(グレア)ディスプレイだと、画面に部屋の窓や照明などが映り込んで、色の見え方が変わってしまう恐れがあります。

つまり、顔の角度や、部屋の配置が換わるだけで、色が少し違って見えてしまうことになりかねません。非光沢のディスプレイなら、そのような現象を防止できます。

まとめ

デジタルでマンガを描く方法は、大きく分けて以下の2つです

  • デジタルとアナログを併用する
  • デジタルだけで描く

どちらにするかは、実際にやってみないと決められないかもしれませんね。

デジタルでマンガを描き始めるために必要な準備の手順は以下のとおりです。

  1. 作画ソフトを選ぶ
  2. ペンタブレットを選ぶ
  3. PC・ディスプレイを選ぶ

-デジタルマンガの描き方

Copyright© STOTUKU , 2018 All Rights Reserved.