デジタルマンガの描き方

デジタルマンガの描き方|デジタルのメリットは時短―作業効率が劇的にアップ!

更新日:

ペンタブレットの中に「SPEED UP!」と書かれている

アナログでマンガを描いてきた人も、デジタルを導入する人が増えていますね。デジタル作画には様々なメリットがあるからでしょう。

この記事では、デジタルでマンガを描くメリットのひとつである「作業効率のアップ」について徹底的にまとめています。

背景の作画が簡単

デジタルの場合は、写真を加工して、マンガの背景にするのが簡単です。

ちょっと設定するだけで、写真をマンガの背景に変換できます。白黒でも、カラーでも可能です。トレースなどの面倒な作業は一切不要です。

自動で変換するだけでも十分きれいな背景になりますが、自分の手で色々な描き込みをして、その人らしい雰囲気を作り出す人もいます。

手抜きと感じる人もいるかもしれませんが、背景の線画などの非効率で面倒な作業を省略して、もっと重要な、雰囲気の演出などに集中できるのでいいことだとも言えます。

詳細は、以下の記事を参考にしてください。

修正するための便利な機能がいっぱい!

デジタル作画なら、アナログよりも修正が簡単です。1度描いたものを簡単に消せるというのはもちろん、それだけではありません。ここでは、修正するための便利な機能を紹介します。

線の修正が簡単

デジタルの場合、線の修正がかなり簡単です。インクよりも消すのが簡単というのは当然ですが、それだけではありません。

特にペン入れの修正が、アナログとは根本的に異なります。いわゆる「ベクター形式」(※)のペン入れ機能があるからです。

ベクター形式のペン入れ機能なら、描いた線をひものように扱えます。線を少しずらしたり、線の太さ・強弱を調整したり、線の色を変えたりなどの調整がとても簡単です。

ベクター形式のペン入れは、イラストソフトの「SAI」や「Illustrator」に搭載されていますが、マンガ用のソフトとしては「CLIP STUDIO PAINT」(通称クリスタ)にしかありません。

詳細:CLIP STUDIO PAINT

※「ベクター形式」とは、画像データをドット(ピクセル)の集まりではなく、直線や曲線などの集まりとして数値化して表現する形式。一般的な、ドットの集まりとして表現する形式は「ラスター形式」という。

拡大縮小・移動が便利

デジタル作画ソフトは、画像の拡大縮小が簡単です。

画像の一部だけを拡大縮小することもできますので、例えばちょっと顔を小さくしたいとか、キャラの立ち位置をもっと手前に、つまりキャラを大きくするなどの加工が簡単です。アナログだったら描き直しになるような作業です

画像の一部を切り取って移動させることもできますから、例えばちょっと目の位置をずらすなどの調整も簡単です。

元に戻すのが簡単

マンガを描くソフトだけでなく、様々なソフトに共通することですが、デジタルでは「元に戻す」操作が簡単です。

いわゆる「Ctrl + z」など、ワンタッチ操作で、今の操作をする前の状態に戻せます。「上書き保存」さえしなければ、かなり前の状態まで戻すことも可能です。

レイヤー機能が便利!

レイヤー機能は、デジタル作画の基本です。レイヤー機能を使いこなすことによって、描きやすさと修正しやすさにつながり、アナログよりもかなり作業効率がアップします。

レイヤー機能とは

レイヤー機能とは、1つの画像を作るために、複数の画像を重ねて描いていく機能です。

昔のアニメのセル画撮影を知っている人は、それとほぼ同じだと考えるとわかりやすいかもしれません。透明なシートを何枚も重ねて、そこに絵を描いていくイメージです。重ねた画像一枚一枚を「レイヤー」と呼びます。

背景や線画、キャラの肌の色、服の色、髪の毛の色などを別々の画像として描いて、適切な順番で重ねることで一枚の画像にします。

こうすることで、描きやすいことと、修正しやすいことの2つのメリットが生まれます。

描きやすくなる!

レイヤー機能によって、色塗りがかなり楽になります。例えば、肌と髪、服の色が、それぞれレイヤーが別になっているとしましょう。

この場合、アナログだと、すべての色をはみ出さずに塗る手間が必要です。

一方、レイヤーが別々になっていれば、まず肌の色でキャラクター全体をべったり塗りつぶして、それから髪の毛や服を、はみ出さないように塗るというだけでOKです。

また、影を塗るときに、はみ出さないように塗る必要もありません。「クリッピング」などを使えば、自動的に既に塗った部分からはみ出さないようにできるからです。

レイヤー機能によって、他にも色々な場面で大変描きやすくなります。

修正しやすくなる!

また、パーツごとに別々のレイヤーにして描くことによって、修正が簡単になります。

レイヤー機能がない場合、かなり完成に近づいて、背景も描き込んだ後、例えばキャラの手の位置を少しずらしたくなったら大変なことです。背景まで修正する必要があります。

一方、レイヤー機能を使って、キャラのレイヤーと背景のレイヤーを別にしておけば、キャラの手を修正するだけで、背景は何もしなくて大丈夫です。

他にも様々な場面で、レイヤー機能によって修正しやすくなり、作業効率が格段にアップします。

色塗り・トーン貼りが簡単

デジタル作画ソフトは、色塗りやトーンを貼るのが簡単です。単に簡単なだけでなく、表現の幅も広がります。

塗りつぶすのは一瞬

デジタルソフトで色を塗る場合、線で囲まれた部分など、特定の領域を塗りつぶす作業は一瞬で終わります。

「自動選択ツール」などがあるソフトなら、塗りつぶしたい部分をクリックするなどの簡単な操作だけで、特定の場所からはみ出さないように設定できます。

あとは、「塗りつぶしツール」などを使って、塗りたい色を選択し、塗りつぶしたい場所をクリックするだけです。

「自動選択ツール」や、「塗りつぶしツール」は、ほとんどのお絵かきソフトにあります。

筆で色塗りをするようにトーンを貼れる

デジタルの場合、トーンを貼る作業は、色を塗る作業とほぼ同じ操作なので、かなり簡単で、表現も自由です。

ブラシツールなどを使って、グレースケール(白黒)で自由な濃淡をつけた後、それをトーンに変換できます。

アナログの薄墨も、デジタルソフトを使えばトーンに変換できます。例えば漫画家の高橋ツトムは、紙に薄墨で自由に描いたものをスキャンし、トーン化して合成するという手法を使っているらしいです。

トーンを「貼る」というより「塗る」ような感覚ですね。

ちなみに、トーンの操作が簡単なソフトとは前述の「CLIP STUDIO PAINT」ぐらいしかありません。

詳細:CLIP STUDIO PAINT

色やトーンの変更も簡単

デジタルの場合、一度塗った色を変更するのが簡単です。

前述のように線の色を変えられるだけでなく、肌の色をもう少し薄くしようとか、髪の色を黒から青に変えようとか…自由自在に、簡単な操作で色を変更できます。

トーンの変更も、色の変更とほぼ同じように簡単な操作で修正できますので、濃くしたり、薄くしたりの操作が簡単です。アナログだったら大変なことですね。

まとめ

デジタルでマンガを描くことで、どのように作業効率がアップするか、この記事でまとめたポイントは以下のとおりです。

  • 背景の作画が簡単
  • 修正が簡単
  • レイヤー機能が便利
  • 色塗り・トーン貼りが簡単

ちなみに、デジタル作画のメリットは、効率だけではありません。デジタルならではの表現ができる!という点もあります。その点については、以下の記事に書いています。

ONE作、村田雄一画「ワンパンマン」より
デジタルマンガの描き方|デジタルならではの表現とは?「スピード線」はもう古い!?

デジタル技術を使ってマンガを描く人が増えてきました。 せっかくデジタルで描くので「デジタルならではの表現」を、積極的に使っていきたいものです。 「デジタルならではのマンガ表現」のうち、主なものを4つ、 ...

-デジタルマンガの描き方

Copyright© STOTUKU , 2018 All Rights Reserved.