本に熱中する少女

ストーリーの作り方

ストーリーの作り方|続きが気になるようにするために必要な、たった1つのポイント

投稿日:2015年11月20日 更新日:

面白いマンガやアニメ、ドラマ等は、どんどん続きが見たくなって、止まらなくなるものですね。

そんな面白いストーリーを作るには、どうすればいいのでしょうか。この記事では、続きが気になるストーリーを作るために必要な、1つのポイントを説明します。

「予感」させる

続きが気になるストーリーを作るコツは、

続きを見れば、「見たいもの」が見られると「予感」させることです。

リサ・クロン著「脳が読みたくなるストーリーの書き方」でも、以下のように説明されています。

物語が読者をつかむためには、何かが起きているというだけでなく、予想される結果がなければならない。

ーリサ・クロン著「脳が読みたくなるストーリーの書き方」より

脳が読みたくなるストーリーの書き方

「予想される結果」が見たいと思うから、続きが気になるわけです。

サスペンスであれば、例えば「この人が殺されちゃうかも」という「予想される結果」。

恋愛モノであれば、例えば「2人がくっつくかも」という「予想される結果」。

スポーツモノであれば、例えば「このチームが優勝するかも」という「予想される結果」。

そういう「予想される結果」を見たいと思うから、続きが気になるわけです。何も「予想」「予感」できないものには興味が持てませんよね。

「予感」させる方法

ではその「見たいもの」を「予感」させるにはどうすればいいのか?…よく使われている方法をまとめてみました。

その1:主人公に欲求(目標)を与える

「海賊王になりたい!」「全国制覇したい!」「あの人が好き!」…たいていの主人公は強い欲求があるものです。

観客がその気持ちに感情移入すれば、観客は主人公と同じ欲求を持つことになります。観客は、続きを見ればその欲求が満たされると「予感」できるので、続きが観たくなるわけです。

ですから、主人公等、感情移入できる登場人物に欲求や目標を与えることで、続きが気になるストーリーになるでしょう。

ただし、順調に目標が達成されていくだけでは面白くないので、「逆境」をうまく盛り込むことが重要ですね。

その2:謎の提出(ミステリー要素)

別の記事で論じたとおり、ミステリーものに限らず、どんなジャンルでも、謎が提出されると、答えが知りたくて続きが気になります。

それは、続きを読めば謎の答えを知ることができると「予感」するからですね。

参考:面白いストーリーの作り方|ミステリーっぽい展開は、あらゆるジャンルを面白くする!

その3:危機の「予感」

何らかの「危機」を予感させることも、よく使われる手法ですね。

「殺されるかも」「敵が妨害してくるかも」「恋が引き裂かれるかも」etc...

伏線を上手く使えば、危機を「予感」させることができます。

参考:伏線の張り方|これだけ覚えれば完璧!という張り方は2つだけ

まとめ

今回取り上げた、「続きが気になるようにするために必要な、たった1つのポイント」とは、

続きを見れば「見たいもの」が見られることを「予感」させることです。

具体的な方法として挙げたのは、次の3つです。

  1. 主人公に欲求(目標)を与える
  2. 謎を提出する
  3. 危機を予感させる

この記事で引用した本

脳が読みたくなるストーリーの書き方

-ストーリーの作り方

Copyright© STOTUKU , 2017 AllRights Reserved.