ストーリーの作り方

ストーリーの作り方|引き込まれるオープニング・冒頭の作り方ーそれに必要な3つの情報

更新日:

3

ストーリーの冒頭、オープニングの作り方って難しいですね。

この記事では、引き込まれるような冒頭の作り方についてまとめています。良いオープニングに必要な3つの情報についてです。

冒頭でありがちな間違いについても考えます。ここでいう「間違い」とは、あくまでも「引き込まれない冒頭」という意味での間違いです。

ありがちな間違い

以下のような冒頭って、ありがちですが、引き込まれるような冒頭ではないと思います

  • 何だかよくわからない詩的なナレーション。
  • 謎のファンタジー用語やSF用語がいっぱい出てきて意味不明。
  • 何をしているのかわからないアクションシーン。

etc...

共通しているのは「冒頭シーンで何が起きているのかが、わかりにくい」ということです。

大前提:わかりやすさ

引き込まれる冒頭を作るための大前提は「わかりやすいこと」です。

情報の小出しは、ほどほどに

わかりにくい冒頭を作ってしまう理由は、おそらく、情報を小出しにすることで、ストーリーに興味を持たせようということなんだと思います。

情報を小出しにするというのは、ストーリーの続きを気にならせるテクニックとして重要です。でも、何事もやりすぎは禁物です。隠してもいい情報と、隠してはいけない情報があります。

 

最低でも「現在」何が起きているかわかるようにする

隠してはいけない情報のひとつは、「現在何が起きているか」ということです。

その点は、リサ・クロン著「脳が読みたくなるストーリーの書き方」で、以下のように説明されています。

さて、次に何が起きるか予想できず、何が起きているかさえもよくわからない場合はどうだろう?

普通なら、すぐほかに読むものを探そうとするものだ。

―リサ・クロン著「脳が読みたくなるストーリーの書き方」より

脳が読みたくなるストーリーの書き方

「次に何が起きるか予想できず」というのは、この先のストーリーのイメージが全然膨らまない(=予想できない)ということですね。

なぜなら、オープニングで「今何が起きているか」ということすら、理解できないからです。

「未来:オープニングの後に何が起こるか」についてだとか、

「過去:なぜこうなったのか」については、情報を隠したほうが、興味をそそられるかもしれません。

でも「現在」何が起こっているかわからないと、興味をもってもらえないでしょう。

専門用語を避ける

わかりやすいオープニングを作るためのコツを、一つだけ挙げたいと思います。

ファンタジーとかSFの冒頭では、専門用語を避けることが大切だと思います。少なくとも説明してから使わないとダメでしょうね。

「風の谷のナウシカ」の冒頭では「腐海」とか「蟲」とか「瘴気」とかいう、ナウシカ世界の専門用語を一切使っていません。ユパが「また村がひとつ死んだ」とだけ言います。

ナウシカの世界を知らない人でも意味が分かるようにしているわけです。ファンタジーやSFの冒頭のお手本だと思います。

 

「わかりやすい」という大前提をクリアしたうえで、冒頭に必要な3つの情報を盛り込む必要があります。以下の通りです。

必要な情報1:どんなストーリーか

「ストーリー・クエスチョン」を示す

「ストーリー・クエスチョン」とは、例えば主人公の目標・欲求などのことです。→詳しくは別の記事を参照:ハリウッド式構成の基本「ストーリー・クエスチョン」もしくは「セントラル・クエスチョン」とは?

これは、ストーリーに不可欠な要素です。

ストーリークエスチョン=どんなストーリーか?

「ストーリー・クエスチョンが何なのか?」=「これはどんなストーリーか?」ということです。

ですから、これがなければ、ストーリーが始まらないわけです。

ですから冒頭でとにかくこれをはっきりさせなければいけません。

冒頭に必要なのはこれだけと言ってもいいかもしれません。冒頭に必要な要素の、残りの2つは、この「ストーリー・クエスチョン」をはっきりさせるために必要ということです。

必要な情報2:主人公は誰か

ストーリー・クエスチョンを設定するために必要であれば、冒頭で主人公が誰かをはっきりさせる必要があります。

ミステリーなどは、主人公が分からなくてもストーリー・クエスチョンを設定できる場合があります。

とはいえ、ストーリー・クエスチョンは大抵の場合、主人公の欲求とか目標なので、ほとんどの場合、冒頭で主人公を明確にするべきです。

必要な情報3:世界観・設定

世界観や設定も、ストーリー・クエスチョンのために必要であれば、冒頭で説明します。

全部詳しく説明できなくても、ストーリー・クエスチョンを理解するために必要な情報は、最低でも説明するべきです。

ファンタジーやSFでは特に重要ですね。

ナウシカの映画でも、冒頭でテロップを使って、「腐海」や時代背景について説明しています。

まとめ

まず、冒頭はわかりやすさが大前提であることを説明しました。

そして、話に引き込まれるような冒頭に必要な3つの情報とは、以下の通りです。

  • どんなストーリーか:ストーリー・クエスチョン
  • 主人公は誰か
  • 世界観・設定

これはハリウッド式の構成理論に基づいています。それについては別の記事を参照:ストーリーの作り方|「三幕構成」を使うと、みんなあなたの作品から目が離せなくなる?!

この記事で引用した本

脳が読みたくなるストーリーの書き方

panda-drawing

マンガの描き方

2018/9/9

「デッサンが狂っている」とは?マンガ・イラストでは「デッサン」に特殊な意味がある?

マンガやイラストを描く人たちの間では「デッサンが狂っている」という言葉がよく使われます。この場合の「デッサン」という言葉は、美術業界で使われる一般的な意味とは少し異なります。「デッサンが狂っている」とはどういう意味なのかをまとめました。 SPONSORED LINKS

続きを読む

スケッチブックと絵の具と鉛筆/ペンタブレット

デジタルマンガの描き方

2018/6/16

イラストの描き方|アナログとデジタルの違いを徹底解説!

デジタルで描くイラストと、アナログで描くイラストでは、手間とかコストなどの表面的な違いだけでなく、根本的な違いがいくつかあります。この記事では、アナログイラストと、デジタルイラストの違いのうち、特に重要なポイントに絞ってまとめました。 SPONSORED LINKS

続きを読む

questions

マンガの描き方 画力アップのコツ

2018/5/20

マンガの絵が上手いとは?リアルな絵だけが上手いわけじゃない!

マンガの絵が上手いって何でしょうか?まとめ記事で「絵が上手いマンガ家ランキング」なんてありますが、結局リアルな絵を描いているマンガ家だけが選ばれています…それでいいのでしょうか? この記事では、マンガの絵が上手い下手の話と言えばこの方…「いしかわじゅん」先生の本を参考に、マンガの絵が上手いとは何か?という話をまとめました。絵の練習の参考にもなると思います。 SPONSORED LINKS

続きを読む

ペンタブレットの中に「SPEED UP!」と書かれている

デジタルマンガの描き方

2018/6/12

デジタルマンガの描き方|デジタルのメリットは時短―作業効率が劇的にアップ!

アナログでマンガを描いてきた人も、デジタルを導入する人が増えていますね。デジタル作画には様々なメリットがあるからでしょう。 この記事では、デジタルでマンガを描くメリットのひとつである「作業効率のアップ」について徹底的にまとめています。 SPONSORED LINKS

続きを読む

pen-tablet-manga

デジタルマンガの描き方

2018/5/11

デジタルでマンガを描く方法|初心者にもわかる!デジタル作画の始め方

デジタルでマンガを描くといっても、いくつかの方法があり、それによって必要なものが異なります。 この記事では、デジタル作画の始め方を紹介しています。まず前提として、デジタルでマンガを描くことにはどんなメリットがあるのかを説明しています。 そして、デジタル作画の2つの種類と、必要なソフトや道具の選び方をまとめました。 SPONSORED LINKS

続きを読む

character

キャラクターデザイン

2018/9/7

マンガのキャラの作り方―「キャラ立ち」するような魅力的なキャラクターを作る2つのコツ

「マンガはキャラクターが命!」とよく言われます。キャラを立てよう!と思っても、具体的にどうすればいいのでしょうか。この記事では、「キャラ立ち」するような魅力的なキャラクターを作るために、よく言われる2つのコツをまとめています。 SPONSORED LINKS

続きを読む

manga-pen-ink-3

マンガの描き方

2018/9/15

マンガの描き方の基礎まとめ!必要なのは3つの能力

マンガを描き始めたい!という人は、まずどんな練習をすればいいのでしょうか?どんな能力が必要なのでしょうか? この記事では、マンガを描くために必要な3つの能力についてまとめています。 言ってしまえばあたりまえの内容ですが、まとめているサイトが上位に無いようなので、チャレンジしてみました。 SPONSORED LINKS

続きを読む

no image

マンガの描き方 作品の感想・おすすめなど

2018/1/14

「アオイホノオ」名言まとめ―マンガの描き方・心得が学べる名場面集

島本和彦のマンガ「アオイホノオ」(小学館)には、マンガ家の心得が学べる名言がたくさん登場しますね! 島本先生のマンガ家マンガは、ギャグ台詞の裏に深い意味が込められていて、面白いです。 この記事では、そんな「アオイホノオ」の名言を集めて分析してみました。 島本和彦「アオイホノオ」(小学館) SPONSORED LINKS

続きを読む

smartphone

デジタルマンガの描き方 情報まとめ

2018/1/17

縦スクロールマンガの可能性―意外と流行らない?横スクロールのほうが面白いのでは?

スマホなどでマンガを読めるアプリが色々ありますね。その中でよくあるのが「縦スクロールマンガ」です。 このタイプのマンガが登場した当初は、これからのマンガはすべてこうなるかも!みたいに言われることもありましたが、意外と普及していないように思います。 この記事は「縦スクロールマンガ」の可能性と、もしかして「横スクロール」のほうが面白いんじゃないか?という話です。 SPONSORED LINKS

続きを読む

マンガの描き方

2018/2/5

マンガとアニメの表現の違いとは?5つのポイントを徹底比較!

マンガとアニメの、表現方法としての違いは何なのか? 明らかに違うことはわかるんですが、具体的に何が違うのか? この記事では、マンガとアニメの違いについて、よく考えたら当たり前のことばかりですが、具体的にまとめています。 SPONSORED LINKS

続きを読む

4-asphalt-ground

ストーリーの作り方

2017/12/10

小説の書き方|「地の文」の書き方は4種類!それぞれの特徴・注意点まとめ

「地の文」とは小説のセリフ以外の部分のことですね。アニメや映画や演劇には無い、小説ならではの特徴とも言えます。 「地の文」は、マンガでも使われています。この点は別の記事で紹介しています→マンガの心理描写のコツ|小説の「地の文」を使えば、心理描写の幅が広がる! その書き方の基本は「一人称」と「三人称」の2種類。そして「三人称」の書き方も、3種類あると言われています。 つまり、合計4種類の「地の文」の書き方があります。この記事では、その4種類の地の文の特徴と、それぞれの注意点をまとめてみました。 SPONSO ...

続きを読む

manga-pen-ink

マンガの描き方

2018/9/15

マンガの描き方総まとめ!よく言われるコツ・方法論をまとめてみました

マンガの描き方に関する本が色々ありますが、どの本でも共通して述べている内容が結構ありますね。この記事では、マンガの描き方理論でよく言われることについてまとめました。 ストーリー・内容の作り方に関するコツは、マンガ以外にも共通する話なので除外して、以下の記事でまとめています。 この記事は純粋に、マンガという表現手段のコツについてです。 SPONSORED LINKS

続きを読む

pen-note

ストーリーの作り方

2018/9/15

ストーリーの作り方|総まとめ!一般的な創作理論を整理してみました

ストーリーの作り方の参考になる本が沢山ありますね。有名クリエーターの創作理論、ハリウッドの理論本の日本語訳、名作の制作秘話などなど… 世の中にあふれているストーリー創作理論を整理して、うまくまとめるだけで、かなり役立つ知識を得られるでしょう。そういうコンセプトで、このサイトでは色々な参考文献をもとに、実践で使えそうな理論をまとめてきました。この記事は、その総まとめです。 SPONSORED LINKS

続きを読む

マンガの描き方

2017/12/23

マンガのコマ割りのコツ|ネームを切るときの基本「視線誘導」とは?

マンガのネームを切るための基本のひとつとして、よく言われる「視線誘導」というものがあります。 この記事ではその「視線誘導」とは何かを、権威である夏目先生の著書などを参考にしつつ、シンプルにまとめてみました。 SPONSORED LINKS

続きを読む

no image

マンガの描き方

2018/2/5

おすすめマンガの描き方本|コマ割り・ネームのコツを学ぶならこの本!マンガ表現論の本まとめ

マンガの描き方の本は沢山ありますが、コマ割り(ネームの切り方、構成)を学べる本は少ないと思います。 この記事では、コマ割り・構成について学べる本をまとめました。 具体的な方法論が書かれたハウツー本と、マンガ表現について研究した「マンガ表現論」に関する理論書の2つに分類しています。 SPONSORED LINKS

続きを読む

-ストーリーの作り方

Copyright© STOTUKU , 2018 All Rights Reserved.