デジタルイラストの描き方 作画ソフト・ガジェット

線画スキャン・線画抽出の方法|基本手順と必要なソフト・アプリまとめ

更新日:

イラストの下描きやペン入れだけの、いわゆる「線画」をスキャンしてお絵かきソフトに取り込み、デジタルイラストやマンガ制作に使うにはどうすればいいのでしょうか。この記事では、その基本手順と必要なソフト・アプリについて詳しく解説します。

線画スキャン・線画抽出とは

まず「線画スキャン・線画抽出」とは何なのか、どんなときに役立つのかを押さえておきましょう。

線画だけ描いた絵をスキャンする

「線画スキャン・線画抽出」とは、紙に描いた線だけのイラストや、ペン入れの済んだ絵などの「線画」をスキャンして、PCやスマホ・タブレットに取り込むことです。

スキャンした線画に色を付けたり、トーンなどの仕上げをすることによって、デジタルイラストやマンガを作るわけです。

この技法は、アナログでしか出せないようなタッチをデジタルイラストに活かすために役立ちます。

特に線画は繊細な表現なので、ペンタブレットなどを使って直接デジタルで描くと上手く表現できないことがあります。ずっとアナログで絵を描いてきた人は特に、ペンタブレットで線画を描くのはやりにくいと感じることがあるでしょう。

線画スキャン・線画抽出を使うことで、アナログの技術をそのままデジタルに活かせるというわけです。

写真の輪郭を抽出するなら

カラー写真から輪郭線だけを抽出して線画を作る、いわゆる「トレース」作業を自動で行うことも、線画抽出ということがあります。一般的には「輪郭抽出」という技術です。

写真を加工してマンガの背景にするときや、写真をスケッチ風・水彩画風などに加工するときに使用されます。

この記事では「輪郭抽出」について説明しませんが、以下の記事にまとめていますので参照してみてください。

写真から輪郭抽出してマンガ・イラストに活用!抽出アプリ・ソフト一覧

ソフトの発達により、写真を利用したマンガやイラスト、アニメなどが増えていますね。写真を加工してマンガやイラストに活用する ...

続きを見る

線画スキャン・線画抽出のポイント

線画スキャン・線画抽出は、単に白い紙に黒い線が描かれた画像を取り込むというだけではありません。「背景の透明化」や「ベクター化」ということがポイントになってきます。

線以外を透明にする

デジタルイラストの線画は、線以外の部分(背景)の色が「白」ではなく「透明」であることが基本です。

線画レイヤーの下に、色を塗るための別レイヤーをもってくることで、線を塗りつぶす心配なく色塗りができるわけです。そのためには背景が透明で、後ろのレイヤーの色を透過させる必要があります。

線画スキャン・線画抽出において、背景の色を白から透明に変換することが重要なのです。

線をベクター化する

線画を「ベクター化」すると、作業が効率的になります。

線画を普通にスキャンすると、通常の画像としてドット(ピクセル)の集まりとして認識されます。これを修正しようとすると、アナログとほとんど同じ要領で、消しゴムで消してから描き直す必要があるわけです。

しかし「ベクター形式」で線画スキャンすると、点の集まりではなく「線」として認識されます。線がデータ化されるので、線をひものようにずらしたり、強弱を調整したり、色や太さを変えたりという修正操作が簡単にできるわけです。

ちなみにベクター化すると、同時に背景も透明化されますので、ベクター化さえうまくいけば、線画スキャンは成功ですね。

ベクター形式でのペン入れ・線画の魅力については、以下の記事も参照してください。

compare-two
有料のイラストソフト・アプリは無料ソフトと何が違う?おすすめ理由とおすすめ一覧

イラストを描くためのソフトは、無料でも多機能なものがあるので、無料ソフトで十分だ!という人もいるでしょう。 とはいえ、や ...

続きを見る

線画スキャンの基本手順

線画スキャンに必要な具体的なソフトを紹介する前に、基本的な手順を紹介します。どのソフトを使った場合でも、この手順は共通していますので、押さえておきましょう。

スキャン・撮影した画像の調整

スキャンした線画の画像データは、何も描いていない部分(背景)が少しグレーになっていたり、ノイズが入ったりしていることがあります。

このような「ノイズ」を除去するために、スキャンした画像データをまず「調整」する必要があるわけです。白い部分を真っ白に、線の部分を真っ黒に調整します。

操作自体は簡単で、Photoshop などのフォトレタッチ系のペイントソフトならほとんどが対応している操作です。具体的には「明るさ・コントラスト」と「レベル補正」の機能を使います。

背景の透明化

ノイズの調整ができたら、白い部分の「透明化」、もしくは線の「ベクター化」のいずれかを実行します。

「透明化」は Photoshop などのフォトレタッチ系ソフトで対応できます。

Photoshop の場合は「アルファチャンネル」という機能を使った少し手間の多い操作になりますが、「輝度を透明度に変換」という機能を持つソフトなら一発で完了します。

「輝度を透明度に変換」ができるソフトは、後述する CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオ・ペイント)です。

ベクター化はドロー系のソフトが必須

「ベクター化」については、できるソフトが限られています。

上記の CLIP STUDIO PAINT でも対応していますが、ベクター形式に対応した、いわゆる「ドロー系」のソフトが必要です。

ちなみに「ドロー系」とか「ペイント系」など、お絵かきソフトの分類について詳しくは、以下の記事にまとめています。

イラストソフト・アプリについて徹底比較!―最適なソフトの選び方

イラストソフトやアプリは、さまざまなタイプがあります。どのソフトを使えばいいのかは、描きたい絵の方向性と、どんな機能を重 ...

続きを見る

お絵かきソフトで仕上げる

線画をスキャンしただけで作品が完成というわけではないと思いますので、最後はお絵かきソフトを使って作品を仕上げる段階です。

ここまでの手順からお絵描き作業まで、すべて一つのアプリで対応できる万能アプリもありますが、ほとんどのソフトは、他のソフトを併用する必要があります。

今のところ画像の調整とベクター化、お絵かきソフトの機能のすべてに対応しているのは、後述する CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオ・ペイント)だけと言っていいでしょう。

線画スキャンにおすすめのアプリ・ソフト

線画スキャンに使えるアプリ・ソフトを、「スマホ・タブレット用」と「PC用」に分けてまとめました。

スマホ・タブレット用アプリ

スマホ・タブレット用のアプリを使えば、スキャナーが無くても、カメラ機能を使って簡単に線画スキャンできますね。線画スキャンできる主なアプリを紹介します。

Adobe Capture CC

価格:無料

  • 画像調整:○
  • 背景の透明化:○
  • ベクター化:○
  • お絵描き・仕上げ:×

Photoshop や Illustratorなどで有名なAdobeのスキャン用アプリです。背景の透明化や、線画のベクター化にも対応しています。

スキャン専用アプリなので、色塗りなどをして仕上げるには、他のソフトを併用する必要があります。Photoshop や IllustratorなどのAdobeソフトと連携して使用するためのアプリですね。

PC用ソフト

スキャナーとPCを持っているなら、わざわざスマホ・タブレットのアプリでスキャンする必要はありませんね。お絵かきソフトは色々ありますが、線画スキャンと仕上げに便利なのは以下の3つのソフトです。

CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオ・ペイント)

価格(PRO):5,000円(税込)/一括

  • 画像調整:○
  • 背景の透明化:○
  • ベクター化:○
  • お絵描き・仕上げ:○

通称「クリスタ」として、マンガ・イラスト用ソフトの代名詞みたいに有名なソフトですね。マンガ・イラストに特化しているので、線画スキャンの機能が豊富です。「ゴミ取り」というノイズ除去のための専用機能もあります。

線画のベクター化と、色塗りなどのお絵描き機能の両方に対応していて、線画スキャンから線画の調整、イラストの仕上げまで、すべてこのソフトで完結する便利なソフトです。

Phothoshop CC(フォトショップCC)

価格:980円(税別)/月

  • 画像調整:○
  • 背景の透明化:○
  • ベクター化:×
  • お絵描き・仕上げ:○

Phothoshop は言わずと知れた画像編集ソフトの代表ですね。いわゆる「ペイント系」のソフトなので、ベクター化には非対応ですが、それ以外の機能については対応しています。

ベクター化が不要ということであれば、これで十分でしょう。お絵かき用というより、色々なことができる「汎用ソフト」という感じですね。

「CC」というバージョンが最新で、月額980円から利用できます。

Illustrator CC(イラストレーターCC)

価格:2,480円(税別)/月

  • 画像調整:×
  • 背景の透明化:○
  • ベクター化:○
  • お絵描き・仕上げ:△

こちらは Photoshop とは逆にベクター化だけに対応しています。ベクター形式で画像を扱う「ドロー系」という特殊なタイプのソフトです。

そのため、色塗りなどのお絵描きに使えないことはありませんが、特殊な使い方になってしまいます。

Photoshop と併用することで、あらゆる操作に対応できるという感じですね。

まとめ

線画スキャンとは、紙に描いたアナログの線画イラストをスキャンして、デジタルイラストに活用するためのテクニックです。基本的に以下の手順でスキャンします。

  1. 画像の調整(線の濃さ調整や、ノイズの除去)
  2. 背景の透明化 or 線のベクター化
  3. お絵かきソフトで仕上げ

特に「ベクター化」をする場合は、いくつかのソフトを併用する必要がありますが、CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオ・ペイント)なら、一つのソフトで完結可能です。

-デジタルイラストの描き方, 作画ソフト・ガジェット

Copyright© STOTUKU , 2019 All Rights Reserved.