手をつなぐ2人

キャラクターデザイン

キャラ設定の作り方|キャラ同士の「関係性」で魅力が引き立つ!

投稿日:2015年10月10日 更新日:

魅力的なキャラクター設定の作り方は色々ありますが、ちょっと変わった作り方として、キャラ同士の関係性から考える方法を紹介します。

キャラを立てる方法としておすすめです。

キャラ同士の関係性が魅力的な作品は多い

ほとんどのキャラ作法は、キャラ単体がいかに魅力的になるかを考えるものだと思います。

とはいえ、キャラ一人一人が魅力的なだけでなく、キャラ同士の「関係性」が魅力的な作品も 、世の中にあふれています。

例えばブラック・ジャックとピノコ。シャーロック・ホームズとワトスン君。C3POとR2D2などがそうです。

このように2人セットでキャラ設定を考えるというの も面白いと思います。

関係性から考えるメリット

そのままストーリーになる場合もある

関係性が魅力的だと、そのまま魅力的なストーリーできる場合があります。

「自分は奥さんだと思っているピノコと、娘のように扱うブラックジャック」「ホームズに振り回されるワトスン君と、ワトスン君に依存しているホームズ」といった具合です。

キャラを立てることができる

関係性の魅力を使えば、単独のキャラではできないような仕方で、キャラを立たせることができます。

例えばピノコぬきのブラック・ジャック。ワトスン君ぬきのシャーロック・ホームズ。のび太君ぬきのドラえもんをイメージしてみて下さい。キャラの魅力が激減するのではないでしょうか。

面白い性格とか必殺技とか弱点とか・・・単独のキャラ立て設定だけでなく、キャラ同士の「関係性」によるキャラ立ても、けっこう有効な方法なんですね。

どうやって関係性を考えればいいか

魅力的な「関係性」なんて、どうすれば思いつくんでしょうか?天才的な才能があればどんどん思いつくのでしょうけど、天才じゃない場合はどうすればいいのか?

それはズバリ才能がないときの常套手段「資料を使う」です。つまり「引用」です。キャラ同士の「関係性」は「引用」しても問題ないはずです。

参考:ストーリーアイデアの出し方―才能がなくてもなんとかする裏技

もちろん、関係性以外にも似ている部分が多すぎると問題ですが、「関係性」だけを上手く引用すればいいのです。どんどん好きな作品から引用しちゃいましょう。

もちろん、身近な人間関係をモデルにするのもありです。他の人には真似できないような、面白い関係性を持ったキャラを作れるかもしれません。

「関係性」の基本単位は1対1

キャラの関係性を考えるときに注意すべき点は、「関係性の基本単位は1対1」だということです。3人以上のキャラの関係を考えようとすると、ごちゃごちゃになります。

確かに3人でセ ットというキャラも存在しますが、その場合、たいていは1人対2人の関係になっています。つまり、トリオであっても1対1の構造になっているわけです。

例えば「ラブライブ!」の2年生トリオ「穂乃果・ことり・海未」の3人の関係のように「穂乃果について行くと、自分では行けないような所に行けるようになる、ことりと海未」という具合です。

3人それぞれの関係性を3 つ作るという方法もありますが、それだとトリオである意味が薄くなってきます。とにかく関係性の基本単位は1対1です。

まとめ

「関係性」からキャラを作ると、そのままストーリーになり、キャラも立つというメリットを考えました。

キャラ一人一人を魅力的にしつつも、「関係性」を使ったキャラ立てを考えてみるのはいかがでしょうか。

-キャラクターデザイン

Copyright© STOTUKU , 2017 AllRights Reserved.